~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18

Category: Book

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

Trouble is My Business




昨夜ネットで見つけて、電子版で全巻一気読みした。

まず、扉絵を見た瞬間嬉しくなった。ワタシの大好きな小説「マンハッタン・オプ」の色があったからだ。よし、間違いない!と。で、そっから一気に。

一昔前のハードボイルド漫画も小説もボチボチ読んでる。金欠、喧嘩、罠、女といったお馴染みのキーワードは出てきるが、そこに「愛しいオトコ」はなかなか出てこない。

それは所謂「男の美学」を持っているオトコの事かと言うと、違う。損だとわかっていても、友情や愛情や信条を貫くタフさかと言うと、それも違う。話は逸れるが、ハードボイルドの話をすると「クールで優しくてタフでステキ~♪ 永遠の理想よ~」と言う女がいる(これはインディージョーンズにも言える)。

オイオイ、もしも現実にそんな男が身近にいて、愛しでもしたら大変よ?振り回されるだけで、グッタリだ。きっと彼は貴女を愛してるからこそ二の次、三の次、追いかけるのは「今、眼の前にあるコレ」だけだよ?貴女が助けて欲しい時に、彼は他の女を救っているよ?彼はヒーローでも何でもない、ただの「無粋なオトコ」だよ?そんな男を愛せるかい?愛したとして、「愛情」という鎖で縛れるタマだと思ってるのかい?

大概の女は不服な顔をする。私がいるのに何故私だけのヒーローにならないの?と理解出来ない顔をする。

そう。ハードボイルドはオンナには分からんのです。

だから、読んでる時に自己投影も、同意も、同情も、憧れもない。あるのはただ、ただ、「呆れますな!」である。何の為に何がしたい?何故もっと上手に出来ない?無茶、無理、無思慮。ホントにまぁ~…。だけである。

が、そんなオトコの情けない背中を眺めた時に「…アホやなぁ~」と思えるかどうか。女にとってのハードボイルドはソコにしか無いのだ。どんな死闘も、痩せガマンも関係無い。愛嬌のあるアホかどうか、そのアホさ加減をオンナは愛しく思うのである。

絵:谷口ジロー、原作:関川夏生、「事件屋稼業」。



久しぶりに「愛しいオトコ」に出逢えるハードボイルドを読んだ。関川氏はもう書いてないらしいから、こんなアホが出てくるハードボイルドはもう日本では矢作氏しか書けないよな、あ~あ。
スポンサーサイト
25

Category: Book

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Present




本番のMerry X’mas!

このX’masは先にも書いた通り音楽を通じての素晴らしい時間を得ましたが、その他にもプレゼントを頂きました。嬉しいですねぇ~。感謝です。ドレもコレも嬉しいのですが、今回「おおおっ!」と思ったのが写真のコレ。関西のJazzのフリーペーパーなんですが、何より表紙のイラストがかっちょエエでしょん?好きなんですよねぇ~、こ~いうテイスト~。

関西の~なので、もちろん関東にはほとんど無い。新宿のDUに一部あるらしいが、「お好きな方」がソッコーで持っていって早々に完パケしちゃうそうです。あああ・・・。まぁ、Live情報も関西のだし、Jazzもよ~知らんので内容をガッツリ読むワケではないんだけど、そのイラストや、コラムを眺めてるだけでとても楽しい。関東にも同じ様なフリーペーパー無いかなぁと探してみたけど、ここまで楽しいのは現段階で見つかっておらず。う~む。何故か。

という事で関西方面に在住orご出張に行かれる方は、是非「お土産」にお願いしま~す♪
※今の時期、棒ダラも、是非っ!!!
29

Category: Book

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

U子


llakamaobmskmaibmsmaobskewe

誕生日プレゼントに、と友人がこの本を贈ってくれた。
「題名、内容、全てがLunaを想い出させ、ダブったのよぉ~。だから是非アナタの感想を聴きたいわ♪」というメッセージを添えて。

出た・・・
またこのイメージっすか?(笑) 

まぁ、話しの内容は「銀座のホステスをしながらオンナと才覚を武器に、オトコを手玉にとり、自分の野心を遂げようとする悪女、ダークサイドヒロインのU子」の話しなわけで、先日本屋に行ったら平積みになってましたな。売れてる様です。「U子様!」と彼女の悪女っぷりに魅了されたファンがたくさんいるみたいです。へぇ~。

余談ですが、先日1万円以上本買いましたよ。久しぶりでしたなぁ~。
これから順番に読みますが、買った本を改めて眺めてみれば、己の心、状態が如実に出ますね(笑)

悪女モノはその昔からたくさん出ているワケでして、「黒革の手帳」の原口元子、「女の勲章」の大庭式子他登場人物の女性達、「女が階段を登る時」の矢代圭子、「わらの女」のヒルデガルデなどなど、女の見栄と虚栄と浅はかさ、そしてエロがあるうちは悪女小説は無くならない~と、ね。まぁ、どの話も似たり寄ったりですが、名作となるかどうかはその登場人物のオンナの「才覚」と、それに相対する「オトコ」のデキと情けなさの描き方によるわけですな。

で、U子さん。読みました。所要時間は1時間弱。で、感想。
「U子さん、まぁ頑張って~」かな? 

特になんとも感じなかったなぁ~。ワタシに似てるところも無かったんじゃないかな?まぁそうでしょうなぁ~と分る事はあっても、共感するところは一切なかった。というか多分違う種類のオンナだと思うんだけど~? ワタシはオンナは張るけど、メスは売らないんだよねぇ~。だからU子さんみたいに自分の野心の為にメスを振り回す様な絵図は描かないと思うよ~。 

というか、作者さん、描き方甘い、浅いわ~。先にも言った様に悪女を描くにはそのオンナの色と才覚、そしてオトコのデキと情けなさをしっかり描かなければオモロないですよ。特にオトコ。悪女に翻弄されるオトコもいれば、その悪女を利用しようとするオトコもいるし、悪女と分かっていながら愛するオトコもいる。今回の話しだとそれを「取材」という形で傍観していたが、最後はU子に引きずり込まれるオトコも出てくるが、その引きずり込まれ方が安いんだよねぇ~。悪女をとりまくオトコ達がキャラ立ちしてないと悪女はその華を咲かせられませんからねぇ。

こう想うと、やっぱ「悪女モノ」はオンナには描けないのかな?オンナが悪女を描くと、ど~しても「生臭く」なると感じるね。どうしたって「オトコからみたオンナ」という視点が不可欠なんだよなぁ。オトコの情けなさ、狡猾さ、視点の雄大さ、オスとしての欲情、オトコとしての愛情、父性、社会、組織、仕事に対する考え方、そして雄々しさ、強さなどなど・・・ そういう心理の機微を巧く描いて欲しいね。だって悪女はそれらを敏感に察知し、読取り、計算するんでしょ?U子さんのメスだけにメロメロになってるオトコだけ出すんだったらいっその事舞台は「飛田」にしたらよかったんぢゃないかね?そっちの方がまだ物語になるよ。シンプルだし。

こう想うと山崎豊子さんはスゴイな~と実感する。
野心のあるオトコに悪女、それに社会情勢まで絡めてくるもんなぁ~。
やっぱ人生にドス効かせないとオンナはアカンねぇ。ほんじゃ一緒に精進しましょうかね、U子さん。
23

Category: Book

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

愛子と綾子


aikoaya

はいっ!ご無沙汰っス!公用・私用共にバタがきている年末イブなうっ!そろそろ「神様の棚卸し」の時期が始まりましたかな?というところです。

こないだ久しぶりにじっくり本屋に行った。ワタシの場合本屋に行く理由は「なんぞエエ本あるかな~」というよりは「最近の世間はどんなんや?」という視察が理由なのだ。※もぉ新刊で「読みたいっ!」と思う本は殆どないと思っている。 まずビジネス本コーナーへ行き、「ああ、へぇ、Hackですか~。お、誰とでも3分以上話せる様になるんですなぁ~。え?ノート整理に朝時間!マネージャーがドラッガー!はぁ、忙しいでンなぁ~」と思い、小説コーナーでは「時代は時代小説っ!」と実感。そして最後に「ピンク本コーナー」へ行く。ピンク本と言ってもホレ、その昔ブルー(古ぅぅぅっ!)だのビニールだの言われたナニではなく、「女性の生き方、恋愛、お仕事のHow to」を書いてある、その表紙の90%が「ピンク色」、男子禁制、読みたくても立ち読みがたかっているので入れない、立ち読みだけど熱気ムンムン!のコーナーであ~る。

でさ、最近のピンク本、いったいドッチやねんっ?

「愛する気持ちってホンワリなの~」とふぅわり?「自分は自分らしく、の~んびり、ね。」とノホホ~ン?どちらかというと脱力系と思いきや「私は女豹っ!」って肉食っ!「必ずGetできるテクニックっ」とテクニカルっ!恋愛を戦略・タクティクスっ!急に恋の狩人系だ。

♪処女と少女と少女に熟女ぉ~ How many いい~顔ぉ~♪byひろみ・Go

女心と秋の空という古い言葉もあります通り、コロコロ変わるのが女ですというのはわかりまっけど、ちょっと変わり過ぎ、というかアンタいったいどないしたいねんっ?と小首をかしげてしまうな。ねぇ、ソレって主体性がないってこと?え?あ、最近ソレってフレキシブルって言うんだ?なに?違う?あ、魔性の女・・・ですか。はぁ。そ~やって多面性を見せるという事が「オトコに飽きられない、惹きつけて離さないミ・リョ・クっ♪」なんですか~。あ~、気分は峰不二子っ!大きく出ましたなっ!ワタシはなんかそういうアナタを見ていると風呂屋が舞台のジブリ映画に出てきた「顔なし」を思い出しますよ~。ははは。

が、もっとギョッとしたのが「女の老い」本ねっ!アレ一体なんやのン?老いる事もHow toである事にビックリしたが、その内容に腰を抜かした。「マ、マニュアルっ!」 美しく老いるには?老いのたしなみ?エレガントに老いる?老いの美容術!

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいっ!

「老いる」という事はこれまでの人生のエンディングを始めるという事であるワケでして、その時点で既にど~にもならん人生のアクと煩悩が沁みこんでるでしょ?ン十年ずっと培ってきた、やってきた生き方のお返しやツケが来てるんでしょ?なのに、ナニ?今更「1日マナー教室」みたいな事して何になんねん!!「エレガントに老いる為のたしなみの第一歩は周囲の方々全てに思いやりと感謝の心を持つことです」ってア~タ、ほんなら尼寺へ行けっ!尼寺へぇぇ~っ!青空説法聞いたから言いてオノレの根性がすぐに真っさらになる思ったら大間違いやでぇ!悔い改めんかいっ!そ~いう本読んだ後に優しい気持ちで婦人公論なんざ読んで「私、新しい人生を始めるわ!今からでも遅くない!」と変な方向に走ったりするんやろな。最後まで自己中心、我がの煩悩まっしぐらや。

そんな中でちょっと興味深かったのが掲題の件なワケでして。(やっと本題)

日本を代表する女性作家のお二人が最近「老い」について書かれてる。ワタシは若かりし頃からお二人の本は結構読んでまして、ある意味正反対の生き方のお二人がそれぞれの切り口で出す「オンナの生き方、在り方」は未熟・発展途上のワタシに色々なヒントやイメージを与えてくださいました。が、ここ5年程からお二人の作風がどんどん変わり始めたと感じていた。それはお二人が「老い」てきたからである。各々が老いの入り口に差し掛かった頃、その作風には当然の事ながら「抗い」や「焦り」が感じられた。が、それを少し超えた頃からナンだかパックリと道が分かれてしまった。愛子さんが「ま、これも人生っ!私は私よ!大往生っ!」と言うのに対し、綾子さんは「今までの人生を振り返り、改め、美しく老いましょう」と言い出した。そして「身奇麗に、つつましく・・・」という本を数冊出している。モチロン、ベストセラーだ。

先日立ち読みした愛子さんの本に、こんなエピソードが書いてあった。

女学校時代からの友人のご主人がエエ歳こいて浮気をし、その女に店を持たせた。友人と愛子さんはその女の顔を見に行こう!となりイザ出かけた。しかし、その友人は誰が観ても「アホな仮装」としか思えない「男装」をして来たのだ。ボルサリーノにトレンチ、真夜中にレイバンのサングラスに付け髭という出で立ち。「最初から負け戦」スタイルだというのだ。結局、男装までして行った店は実は違った店であった。理由は「老い」のせいで「二丁目」と「三丁目」を見間違えたからだ。

なんやソレっ!と笑って終わる話しであるが、ワタシはこの友人が「男装」したところに古き良き「女性のたしなみ」を感じた。浮気女の店に突撃するのに何故男装したのか?婦女子の皆さん、おわかりでしょうか?

最近、将来の自分に想いを馳せさせる様な「モデル・目標になる女性」が少なくなってきていると感じる。ワタシの年齢でそう思うのだから、若い人は尚更だろう。だから何でもバーチャルで、且つマニュアル的なものが受け入れられるのかもしれない。本当はワタシ世代がカッコつけなアカンのやろけど、なんせバブルのTop of WAVE世代なもんでね。いつまでも「お立ち台気分」でスンマセ~ン。

とりあえず「シルク姐さん」でも見ててくださいな(笑)
19

Category: Book

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

1 dash



昼下がりの本屋。
ビジネス書のコーナーはスーツを着た女リーマン、かたや料理本のコーナーには同じくスーツを着た男リーマンが多いのが最近の傾向だ。大きな本屋であるほど、ビジネス書は「働くオンナ」向けのモノや、女性の生き方指南(メンタルや色恋、婚活・おひとり様)系を、料理本は「酒のアテ」本といったお手軽モノから本格和食(寿司、蕎麦)系を専用コーナーに設けている。そんな男リーマンの隙間を縫って女リーマンのワタシがウロウロしているワケだが、何も「お料理の参考にする本」を探しているわけでは、ない。もちろん、酒のウンチクや詳しいデータベースが記載されたモノを探しているわけでも、ない。そぉ。以前にも書いたがワタシは「食いしん坊万々歳」なので、「食」に関するエッセイを読むのが好きなのだ。それは、「ホニャララさんのおうちゴハン」はたまた「有名料亭のおかみ(または板長)の打ち明け話」みたいな、半分宣伝で半分自慢話しの様なモノではなく、その人が口にした食材の感想やエピソードや、それらを題材にした話しなどを徒然と書いてあるモノが好きなのである。なので、なかなか、ない。

その時もまたいつもの様に「そ~いう本」を探して「食エッセイ」のコーナーをウロウロしていた。半ば諦め気分でツツツ~っと背表紙を眺めていると、フと外国のカクテルのレシピ本の様な文字が目に飛び込んできた。薄いペーパーバックの様な作りの本を手にとると、美味そうな琥珀色のロックスタイルの酒の写真と、「Bitter-Sweet Montmartre」という大きな文字。ああ、洋書かい?と視線を上にズラす。

『Oki Shiro』

その場でStomp!したい程嬉しかった。「小躍りする」とは正にこの時のワタシにある言葉だった!大げさに聴こえるかもしれないが、まるで小さな宝石を見つけた様な気分になった。ANAの機内誌「翼の王国」に連載されていた短編集。この短編が読みたいが為にいつもドサ回りの時にはANAを指定していたものだ。暫くドサから離れ久しぶりにANAに乗り、離陸前に手に取ったら連載は浅田次郎に変わっていた時のアノ落胆・・・ 「あ、すみません。降りま~す」と言いたい気分であった。

相変わらず真ん中にあるのは酒・カクテル。そしてそれにオトコとオンナのBittersを1dashしてある。表紙に小さく書いてある「The cocktail has experienced the bittersweet side of life」という文字は彼の作品を言い当てていて素晴しい。表題のモンマルトルというカクテルはブランデーベースのロックスタイルの酒で、多分表紙の写真はこのカクテルであろう。ブランデーにシャンパンを加える贅沢な酒だ。面白かったのは「2つのウエディングベル」という話し。結婚を目前に控えた男女が式の打ち合わせの帰りにホテルのバーで「ウエディング ベル」というカクテルを飲む話しなのだが、オンナは以前自分が違う男と飲んだ同じ名前のカクテルと違うカクテルが出され、戸惑う。実は同じ名前で違うカクテルが存在するのだ。1つはスコッチウイスキーにドライベルモットの「Wedding Bells」、そしてもう1つはドライ・ジンに紅い酒デュポネの「Wedding Belle」。前者はその名の通り「鐘」を、後者はフランス語の「美女」をあらわす。オンナは結婚を報告した時、共に紅いウエディングベルを呑んだオトコの真意に気づき・・・・

あああああああ、酒呑みたくなってきたっ!
プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。