~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 5  Trackback 0

雨上がり




朝、あれほど激しく降っていた雨は、降るだけ降ってケロリとやみました。

今は眩しいくらいの陽差し。そして、激な湿気っス!

なんだかいろんな事がメンドクセェ~昼前です。

あ~ 眠い…

と、歩いていたら平な公務員風味の兄ちゃんが、「すみません。ちょっとお伺いしたいのですが…?」と声を掛けてきた。「んぁ?道分からないのか?」と立ち止まった。

「あの…大変運の強いお顔の相をなさってらっしゃいますね。私に是非アナタのオーラを…」

焦点がアッチいっちゃってる彼の「相」に危うくヒールをめり込ますトコだった!
スポンサーサイト
30

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

夜に咲く花




この世にオトコとオンナがいるかぎり、
この世に色恋の花は咲き続ける。

陽溜まりの中で素朴に咲く花もあれば、星灯りに咲き乱れる花もあるわな~。

いつ、どう咲こうと「花」の勝手なんスけど、昼の花が夜に、夜の花が昼に咲いちゃっちゃ~、それはちょっとと思うわけです。

太陽の陽差しをタップリ浴びて、鮮やかに咲くはずの花を、てめぇ勝手に夜咲かせるってのは如何なものよ?

月を仰いで咲く花は太陽を恋しがりながら、でも既にLunaticになってる様で
光合成出来ない躰に毒が回っているかの様に見えた。

それでも花はその茎を踏ん張って咲くんだよな。
「綺麗だよ」と言って欲しいが為によ~。

…ったく。
「花の命は短くて~」だな。

30

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 12  Trackback 0

飾りぢゃないのよ




天気のせいなのだろうか?
それとも季節の変わり目だからかな?
ワタシは最近今までの自分の人生や生き方、信条を振り返る事が多い。

「女」として生を受け、「おんな」として生きてきたんだけど、な~んか「オンナ」の武器とやらを殆ど活用してこなかったよな~と思うのだ。まぁ、武器になる程の立派なナニなんぞ持ってまへんけど… ははは…

「オンナの武器」と言えば「涙」でして…

ワタシはその「涙」とやらを殆ど人前で流さない。それは、いつの日か天涯孤独になるであろうワタシの身を案じた両親の厳しい躾の賜物だ。

たま~にTVなんかを観ると、「泣いてるオンナ」が出てたりする。それは「頬を伝う一筋の涙」の時もあれば、「滝の様な涙」もある。いずれにせよ何か大変な事があったのだろう。我が身の不幸を嘆き悲しみ、涙で訴えている。そして共演者達はそんな彼女を慰め、同情し、フワリと柔らかい視線と言葉でくるむ。くるまれた彼女は、そのぬくもりでまた泣く。

ワタシは可愛げのない育ちなので、そういう情緒的な情操教育を受けていない。だから、そういうシーンを観ると「泣いて腹がふくれるんか?」と思ってしまう。「泣くヒマがあったら考えろや!」と。

何度も言うが、ワタシは可愛げのない育ちなので、心も多分そうなんだろう。誰に頼る事もせず、てめぇのケツはてめぇで拭く。そういう躾しか受けていないワタシは「人前で泣く」なんて事はやりたくても出来ない。もしもウッカリそうしてしまったら、も~恥ずかしくて自己嫌悪に陥ってしまう。「泣いてしまった事実をどうケリをつけようか?」と考えてしまう。

だから、ある意味素直な涙を流せるオンナをとても羨ましく思う。辛い事、嫌な事、逃げ出したい事、それらを涙で伝えられる可愛らしいオンナになりたかった。

でも、もう今更出来ないし、なれないんだよなぁ~(笑)
両親が厳しく躾過ぎたせいやろかねぇ…

「我が身を憐れむ涙だけは流すな!」
「どうしても泣きたい時は、独りの時か惚れた男の前だけにせぇ!」

おと~さん、おか~さん。
お陰でワタシは可愛げのない、オッサンに育っちまいましたよ!

だから、あなた方の娘はモテないんですわ。ははは~(泣)



29

Category: Cinema!

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

Bridget Jones's Diary




『体重:61Kg
 タバコ:@42/日
 酒:50杯
 ・決心その1:何よりも10Kgのダイエットをする
 ・決心その2:脱いだパンティーは洗濯カゴに入れる
 ・決心その3:良識ある彼氏を見つける
          ※次のタイプは絶対に避ける。
            →アル中・仕事人間・逃げ腰男・エゴマニア・情緒恐怖症・変態
          そしてこれら全ての特徴をもつ1人の男に恋心を抱かないこと』

将来の夫となる敏腕弁護士マーク(コリン・ファース)が初対面の彼女を見て言ったセリフ→『Drink like a fish、Smoke like a chimney』
30代・独身・一人暮らし・広告代理店勤務の「Singleton」。全世界で1番私生活を知られているであろう女。【Bridget Jones】

ヒットしましたねぇ~。この映画。2作目「The Edge of reason」もヒットしたよなぁ~。このブログを読んでいる皆さんの中にも観た人結構いるんじゃないかな?

主演はレニー・ゼルウィガー。「CHICAGO」の色っぽいブロンド姉ちゃんが激太りしてのまさに体当たり演技でした。アメリカ人の彼女がイギリス人の役をやる事に当初かなりの反対をしたイギリス女性達も映画上映後は「レニー=ブリジット」ってなっちゃう程の素晴しく可愛らしい演技でした。

レニーのブリジット振りもさる事ながら、この映画の大ヒットにはもう1つの理由があるよね。そぉ。「2大ラブコメKing」がガッチリと脇を固めているからなんだよねっ!
前出の将来の夫、マーク・ダーシー役は「真珠の耳飾りの少女」・「Love Actually」でお馴染のコリン・ファース。でも何よりのHitはTVシリーズの「Pride and Prejudice(高慢と偏見)」ですね。熱心なファンの努力で最近DVD化されたとか。
そして、ブリジットの職場のBossであり、最高にハンサムで天下のスケこまし、ダニエル・クリーヴァー役は・・・ うふふっ♪ヒューグラントですよっ!!! タレ目のっ!!!それ以外説明不要っスね!

んで、その他のあらすじ他についてはいつもの様にAmazonへどうぞ~。

この映画でワタシが気に入っているシーンは2つ。
1)ダニエルにコマされたブリジットが彼に婚約者がいる事を知り、失意のどん底に落ちた時。「このまま野タレ死ぬなんて冗談じゃない!」と立ち上がり、「ワタシが選んだのはヴォッカ。そしてChaka Khan」と転職を決意するシーン。BGMは当然Chakaの「I'm every woman」。そしてブリジットのひと皮剥けた笑顔。

2)TV局に転職の面接を受けまくるブリジット。
「何故TV業界に?」
「Bossと寝て転職するハメに・・・」
「そうか。じゃ、月曜日からね。」

ちなみにワタシの友人達のお気に入りはマークがブリジットに「I like you very much.Just as you are」というシーン・・・ これだから30オンナは(笑)

ありえねぇってっ!
28

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

Coffee&cigarette



\(@_@)/…
今日はめちゃくちゃタイト!

ガブガブ飲んで~
バカバカ吸って~

空腹に効きますな…既に少々気持ち悪いです。
「コーヒーは飲み過ぎない様に」と、つい先日言われたばかりなのに…

すみません… ふつつかで…


プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
4
19
08, 2007 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。