FC2ブログ

~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

24

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Blow Your Head



本日2本目。

大変多忙な日々でして、本当はこの週末も仕事をしなければヤバイ状況だったんですが、この風と寒さでヤンピしまして、久しぶりにFunkなんぞを聴いております。

で、「Damn right I am Somebody/Fred Wesley and the JB's」です。

「Fred Wesley and the JB's」ってバンド名になってから2か3作目くらいだと思いますが、特筆すべきはこのアルバムからシンセがウニウニニ~とがっちり導入されたという事ですな。アルバムの中には「よっ!JB's!」と言いたくなるのもありますが、やっぱ代表曲といえばこの「Blow Your Head」でしょうよ?

♪みょんみょんみょ~ん♪とシンセがウニり、続くドラムのタイトなリズムっ!タイトなリズムにノリノリしてたら、これまたシビれるHornが入る。3つの音・リズムがMixed Upされると、そこにはただただCrazyにノリ出す自分がいるだけ~、誰だって<Blow My Head!>ぶっ飛びますわ~。

この曲はアレですか?サンプリングにガンガン使われててブレイクビーツとか呼ばれてるらしいんですが、そ~いうマネっこ・パクりっこはパブリック・エネミーとか若人に任せといて、ワタシはFredの方でGrooveしますわ。だってさぁ、これ74年だぜ?今から35年くらい前の音よ?なのに、こ~んなにかっちょエエのはナゼですかねぇ~?大体このスリリングさ!腰動かすしかないGroove!ああ、最近じっくり聴いてなかったけど、ワタシはやっぱりアンタにべた惚れさ!離れていてゴメンよハニ~・・・

やっぱ、Funk!黒音っしょ!

そう、思い知らせて・想い出させる曲ですな。

■Blow Your Head/Fred Wesley and the JB's
:まぁ、もぉ、聴いて踊ってくださいよ~。

スポンサーサイト



24

Category: Bono!

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

ドクターワインとイカ墨




ワタシは美味しいモンは好きですがそれを説明するのがド下手です。なんでかと申しますと、ウンチクを言えるだけの知識と経験がないのは当たり前の事ながら、もっと無いのが「記憶力」だからです。ナゼなんでしょうか?そうですよ・・・・ 酔っ払ってるからですよっ!

美味い食べ物には甘露な酒・・・・
至福ですなぁ~ 何もかも遠くなりますぅ~

と、言い訳が終わったところで本題。
先日、芝浦・WANDさんのWine会に参加させて頂きました。聞けばもう10年も前から催されているそうで、参加者の皆々様は初回からご参加という重鎮の方をはじめ「重厚かつ濃厚でありながら穏やかで優しい口あたりの上等で上質なワイン」の如くな方々ばかり。ボジョレーどころか「葡萄つぶして日本酒混ぜた」みたいなワタシが参加している事自体が迂闊であったと反省しましたが、つまみ食いした鳥肉のお料理があまりに美味しかったので、「来てよかった♪」と思いました。

んで、今回の会は「ドイツワインを味わいましょう」というもので、ドイツもフランスもチリも全くわからないワタシには大変勉強になりました。アレよ。読者の皆様よ。「ドクターワイン」って知ってまっか?ドクター言うても「お医者さんが使う消毒用ワイン」ちゃいまっせ!おっしゃ。教えたろ!ドクターワインわなぁ~、どっかの王様(←もぉ忘れた)が医者も匙を投げる病気で寝込んでたら、「王様ぁぁぁっ!騙されたと思ってこのワインを飲んでみてくだせぇ!」と心清きワイン作りのオッチャンが樽を持ってきたわけや。王サンは藁をも掴む思いでそのワインを毎日飲んだ!あ~ら不思議♪治ったわいな♪で、元気になった王様が「そのワイン(だったか畑だったか葡萄だったか?)にドクターって名前をつけたまえっ!」と言ったのね。で、ドクターワインって言うわけや。わかったかっ!どうやっ!(相違点ございましたらご指摘くださいませ・・・・)

ほんでよ。そこの葡萄畑は確か傾斜地で、スラブ石がゴロゴロしてて、平べったいスラブ石が日中の太陽を吸って、夜も地面を温める作用があって・・・・ そこのワインはオークションですっげぇ高値がついてて・・・・ そこの蔵にはあと数本そのワインが残ってて・・・ え~と、え~と・・・

なんせな・・・ レクチャーを受けながら空けられ、勧められるワインの美味いこと・美味いこと・・・ 白ワインから頂きましたがどれもこれもスルスルスルスルスル~っと、まるで四国の釜揚げうどんの如くなめらかぁ~な喉越しで頂けるんですよ!あうう・・・美味いぃ~ ダンケシェン!ドイツっ!と感動に震えながらつまむお料理がコレまた極上ぅっ!ワタシはイカ墨大嫌いだったんですけど、このお料理で味を仕込まれてしまった。WANDでは店主様には赤ワイン。お姉様にはイカ墨を仕込まれた事になりますね。


その後は記憶というか残像が残っているだけでなのですが、印象に残っている事はまず、会の皆様が非常に気さくで、そのうえ余計な事は全く語らず「美味しい・美味しい」とワインとお料理を楽しく味わっておられたのが、初心者のワタシにとってとても安心した事や、今回の会のお料理を作ってくださったお姉様と、奇しくもワタシと同じ短大であったというダケで酔っ払い(ワタシ)の話し相手になってしまった妹様にお目にかかれて大変嬉しかった事と、またワインをひっくり返した事、そしておいしい酒粕を頂いた事くらいです。

そして最後に店主様。
「へぇ~、マスターってソムリエの資格持ってんだぁ~」と、純真無垢・天真爛漫にバカ丸出した事を、深くお詫び申し上げます。

最近Fucked Upな日々でしたが、なんだか色々美味しくて楽しかったです。
ありがとうございました。

※3枚目の写真は最近のWANDさんの新メニュー。自家製ベーコンのピンチョスとポークリエット。美味いっス!あと、ピンチョスについてる塩が美味いっ!
プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
3
5
7
9
11
16
23
26
02, 2008 < >
Archive   RSS