~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31

Category: Bono!

Tags: ---

Response: Comment 12  Trackback 0

わいん酒場メルロ



近所の喫茶店を出てスーパーで買い物をした帰り道、ワタシの酒場アンテナがピクッと反応した。ん~?と思い左手の細い路地を見ると「立ち呑みわいん酒場」の看板が目に飛び込んできた。おお~・・・とフラフラ店に近寄り、おもて看板を眺める。う~む・・・ちゃんとワインを出している店みたい。それにフランスの田舎風(見た事も行った事もないが)の店構えがオサレだ。何の躊躇もなくドアを開けると、そこにはツンと新しい木の香りと、ワインの樽をテーブル代わりにした小さいスペース、右手にはツマミやワインが並べられたカウンターが伸びていた。

「いらっしゃいませ」とカウンターの中から出迎えてくれたマスター。2ヶ月前にオープンしたばかりの店を1人で切り盛りしているらしい。なかなか爽やかな愛想でよろし。カウンターに並べられたワインボトルをザッと眺める。・・・・・わからん・・・ 普段某ワインバーに入り浸っているからと言って、何を呑んでいるのかサッパリ知らんワタシには意味のない作業であった。わかったのは赤と白のワインがあり(当たり前やっ!)産地はイタリア・フランス・南アフリカがメイン。ワインはそのまま呑むのと、「かちわり」と表して冷えたワインに氷を入れて呑む2種類があった。その他店内に貼られたメニューには、まっこり・マドロヴィーニョ・グラッパ・スコッチ・コニャック ・キール・シェリー・ベルノ・ウオッカ・ジンとその辺の呑み屋より充実した品揃え。但し、チューハイはない。ビールはあった。 また、ドンペリはフルボトルで29000円 ・ロゼだと79000 円だそうだ。

フードはピクルス・パン・ リエット・チーズ盛り合わせor自身でのセレクト・キャビア・チョリソー・イベリコ豚のタンと牛タンのテリーヌ・マグレ鴨の胸肉の燻製といったオサレ系からベビースターラーメン・ギンビスのアスパラガスなど幅広い。 ワインもフードも価格帯は500円をメインに100円から2000円の間だね。大体一品800円から1000円くらいだ。

聴けば8坪程度の小さい店、それにオープンしてからまだ間がないのに何でこんなに種類が多いのか不思議になったが、近所の「ビストロ風フランス料理とワインのお店」の姉妹店だとか。はは~ん♪そ~いう事か。仕入れ一緒ってことね~、と勝手にうなずいた。

17時から12時までの店は遅い時間の方が忙しいらしく、「だいたい皆様2件目か3件目、ご帰宅の前の1杯ってとこですね」との事。まぁ、ベッドタウンにあるのだから仕方ない。頂いた自家製サングリアはブラックペパーが程よくきいて美味しかった。頼んだフード(チー盛り・鴨・ドライイチジク)もなかなか美味い。誰もいない店内は静かで、Soulが流れ、なかなかエエ店やなぁ~、この土地にこんな店出来たんやなぁ~と思いながら呑んだ。

残念なのは、店内のメニューがまっ黄色の居酒屋テイストであった事と、店名に出す程ワインがメインなのにその他の品数が多すぎて「ワイン」が霞んでる事。さらに売っているワインがどんな味のワインかが全くわからん事だ。産地とラベルを見ただけで何となくわかる人はエエが、わたしら素人には?????である。あと、飾られた植物がほとんど造花であった事。ワタシは造花が大嫌い!特にあるレベル以上の飲食店で造花を飾る店は嫌いなのだ。その造花にホコリなんか溜まってたら最悪や。

まぁ、どこへ行っても重箱の隅つつくんですわ。
優しい視線で見た内容を知りたい方は往生氏のブログをご参照ください。

スポンサーサイト
31

Category: Bono!

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

喫茶店のナポリタン



地元の喫茶店にて、昼下がりのナポリタン。

ああ…、美味い。
喫茶店のナポリタンの味がするぅ~ついでに頼んだミックスサンドはトマトの水っぽさがいかにも!で、これまた美味い。お食事を注文した人のみプラス200円で飲める「ホット」も何豆だか知らんが美味い~

他に誰もいない店内には、ラテンが流れているよ。

ほぇ~
やっぱカフェより喫茶店だよなぁ~








31

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

Edwin Star



関東地方、晴れましたな!8月も今日で終り。夏休みも、夏も終り!そんな「やってらんねぇ~」日はな~んも深く考えず、バカ明るく行きましょうっ!ねっ!ってんで、Edwin Starよ!ほんとはIsaac Hayes書こうと思って色々書いてたんですけど、途中でメンドーになりましたわ。ははは~(汗)。

で、Edwin Starですが70年後半から80年初期のDISCOでバンバカかかってましたね~。デトロイトのレーベル「Ric-Tic」からデビューして、Ric-TicがMOTOWNに買収されてからは、「Contact」などが有名ですね。特に「War」はMOTOWNでは異例の反戦ソングで、今までもたくさんのアーティストがカヴァーしてますな。「Born in the USA」のブルーススプリングスティーンもこの曲をよくステージで歌うそうですわ。DISCO的に言いますと明るく弾むわ~い♪なリズムで、特にコンガとスネアのチーッ・チーッの長いソロ部分は、いつ「Contact!」とShoutしてもOKな程同じですね。エエですよ。DJさん達もつないだり、ブッこんだりしやすいでしょうしね。踊れるヒトも踊れないヒトも「イェ~イ」とフロアに引っ張り出す盛り上がりがあったと思いますね。

ワタシが好きなのは「You`ve Got My Soul On Fire」ね。これはThe Temptationsも歌ってますな。途中のリズムが「コント55号」の野球拳に聴こえてしまうのはワタシだけでしょうか?想い出深いのは「Contact」で、♪Eye to eye~ Contact!♪の部分で必ずナンパされてたなぁ~。まぁ、かっちょエエオトコがやるのと、ブサイクがやるのではその反応は大違いですけどね。まぁ、若くてアホやったんで図にのってた事を思い出しますな。

と、いうワケで聴きましょう!踊りましょうっ!さぁ、来いっ!9月っ!え~ん(泣)

■You`ve Got My Soul On Fire/Edwin Star:タララララ~ラ・タララララ~と、ジローさんが出てきそうな・・・

■WAR(What Is It Good For?)/Edwin Star:反戦ソングにしても黒いよなぁ~

■Contact/Edwin Star:コンタックッ!!12incでお届けしております。今のアナタに7分間踊り続けられるだけの体力はありますか?(笑) ワタシにはありません・・・

■ H.A.P.P.Y. RADIO/Edwin Star:Contactの2番煎じですな~

31

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

嘆きのエレジー



月亭可朝ですわ。

以前、別件でワイドショーを騒がした時は野球賭博でアゲられた時やったと思うが、まさにその渦中のTV出演時の挨拶が「皆さんコンニチワ。野球賭博のでお馴染の月亭可朝でございます」と言ったのを観た時に、こら完全に「出来上がった」おっちゃんやなぁ~。或る意味オトコやなぁ~と感心したのを覚えている。で、今回は「ストーカー事件」という事で自身の7年もの不倫もバレ~ので久しぶりに忙しいやろなぁ~と思っている。まぁな、おっちゃん全く・これっぽっちも悪気がないので反省とかそんなんは全くしてないとワタシは思います。多分「何でこんなんで大騒ぎすんねん?あのオンナ、アホちゃうか?嫁はんにもバレてまうしやなぁ~・・・ ホンマ、かなわんわぁ~」程度やろうね。

それにしても7年も愛人しとった女(まぁ、おっさん他にも愛人おったらしいけどな)、最後はケーサツ沙汰で終わったなぁ。7年も愛人やって、「性の不一致」でイヤになって、他にオトコも出来て、ケーサツ行って、大変やったなぁ。まぁな、女は「坊主憎けりゃ、袈裟まで燃やす」やしねぇ。ほんま、会社まで辞めるハメになってさぞかし大変やったやろなぁ~。でもなぁ~、7年も愛人やっとったんやもんなぁ~。誰かが寂しい時に楽しかったんやもんなぁ~。まぁ、ヒトの事言えんから黙っとくけどなぁ~。

♪ボインは 赤ちゃんが吸うためにあるんやで~♪
でお馴染の「嘆きのボイン」。これ、おっさんの作詞・作曲なんですわな。
♪おっきいのんが ボインなら
 ちっちゃいのは コインやで
 もっと ちっちゃいのんは ナインやで~♪
と、お笑い歌謡の部類に入ってるらしいけど、こんなその中にこんな歌詞がある。

♪何で 女の子だけボインになるのんけ~
 腹の立つこと 嫌なこと しゃくな出来事あった日は
 男やったら酒飲んで 暴れまわって憂さ晴らし
 女の子なら何とする 胸にしまってガマンする
 女の子の胸の中 日頃の不満がたまってる
 それがだんだん充満してきて 胸がふくれてくるんやで~♪

おっさん、わかっとるやないかい。
落語にしてもそうや。つまり、おっさんは古いタイプの芸人やったんやね。それが豪快と呼ばれるか、ドアホと呼ばれるかだけの差かもしれんね。
28

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

中吊り




今日は霧雨。傘ギライとしては意地でもさしたくない雨。「霧雨ぢゃ~。濡れて参ろう」ですな。あ?春雨か?

さて、ワタシは電車やバスの中吊りの大ファンだ。毎日チェックするのを楽しみにしている。特にオッサン向けの週刊誌はワクワクしている。週刊文●の縦書き4色中吊りでは、真ん中らへんに書いてあるヲタクな特集にピクリとし、ア●ヒ芸能や週刊●衆では、我が故郷をメッカとする「組織」の変遷状況を知り、文●春秋では戦争軍人の名セリフをパクる。簡潔且つエンターテイメントに富んだ1枚の紙面は、買い手のレベルやニーズを如実にあらわし、ワタシのブログネタになる事もしばし。そう想うとヒト観察含めワタシのブログはほぼ公共の交通機関で生まれてると言える。

そう言えば女性誌、にはほとんど興味ないなぁ~。特に「女性の生き方雑誌」の中吊りは興味なし。たまにチラ見しても、「自分の世界に浸った前向き風味オンナ」の言葉ばかりが大きなフォントで書いてあるだけだ。あ、そう言えば小学校の頃よく読んでて好きだった「婦人公論」が、ある日いきなり「中高年の愛と性・姑と私」雑誌に変わっていたのを知ったのも中吊りだったなぁ~ ためになる本だと子ども心に思ってたから、ショックだったよ。

…買い手のレベルに合わせたんなら、尚の事ね。


プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
7
9
13
18
29
30
08, 2008 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。