~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

Lady Marmalade




Hey Sister, Go Sister, Soul Sister, Go Sister
Hey Sister, Go Sister, Soul Sister, Go Sister


いやぁ~、久しぶりのPCである。かれこれ1ヶ月ぶりだろうか?本当にバタバタと忙しく、全くMy PCの前に座る事がなかった。と、いうことで今夜は久しぶりにSoulをガンガンに聴いているわけである。

数ある黒音の中で、久しぶりに聴くたびに「あぁ~、やっぱ好きやわぁ~」と思うのがこの『Lady Marmalade』である。おヤングな方々は「あ、知ってる~。Christina AguileraとかPinkでしょ?」言うだろうか?ちゃいまっせ!Patti LaBelleですわ。Christina Aguileraの『Lady Marmalade』は確かに華やかであるが、キレイすぎるのである。ど~も高級ホテルのデリバリーさんに聴こえる。整い過ぎてなんかなぁ~なのだ。デリバリーさんで思い出したが、昔、山田詠美の小説にこんな1節があった。年下の若いオトコとブラインドデートをする事になったキャリアウーマン。待ち合わせ場所の高級ホテルのBarへ行くと、その若い男はすぐに彼女がわかった。他にも着飾ったオンナがたくさんいるのに、どうしてすぐに判ったのかと聴くと、その若いオトコは言うのだ。「商売でBarに来ているオンナ達は皆ペディキュアをしてるけど、このBarでペディキュアをしていないのはアタナだけだもの。」と。話し逸れついでにもう1コ言うと、その若いオトコと高級レストランで食事をしていると、そのオトコの子が、「キミのホタテちょうだいよ」と言うのだ。オンナは「イヤよ。これはワタシのホタテよ!」と拒否する。すると、若いオトコは言うのだ。「貴女の様な女性は可笑しいね。高級なスーツも、時計も気前良くプレゼントしてくれるのに、ホタテはくれないんだよね。」と。当時バブル全盛でド調子に乗っていたワタシも、これは深く考えたなぁ~。

で、話戻ってPattiの『Lady Marmalade』だけど、これは体臭がするのよねっ!ちょっと据えた、酢い匂い。埃まみれのシャンデリアに色褪せ、ハゲかかった紅いサテンのソファー。染み付いた汗と体臭と体液の匂いがする部屋。それがエエんや!Pattiさんよ。

Touching her skin feelin' silky smooth
The colour of cafe au lait
Made the savage beast inside
Roar until it cried, More, More, More
Itchi Gitchi Ya Ya Da Da Da Itchi Gitchi Ya Ya here
Mocha-choco-lata Ya Ya Creole Lady Marmalade


Lady Marmaladeを味わった「彼」は、その後back home doing 9 to 5,
Living his grey flannel lifeするワケなんだけど、フとした時に、そしてベッドに入るたびに想い出すのだ。

Voulez-vous coucher avec moi ce soir?
Voulez-vous coucher avec moi?


真夜中の甘いチョコレート。Creoleのスパイス。
鼻と脳の真ん中に、あの据えた香りが蘇る。

それはまさにワタシにとっての黒音そのもの。

ああ、明日からまた9 to 5でgrey flannel lifeだ。

■Lady Marmalade/Patti LaBelle
スポンサーサイト
28

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

ホテルでディナー



今夜は品川の老舗ホテルのバーでディナー。BGMは小粋なJAZZ。久しぶりの黒バラにテーブルライトが揺らぐ…

今さっき仕事が終わったんぢゃ!
レストランもナニも閉まってて、バーのツマミしか喰うモンないんぢゃ!

「もぉ~閉めるからビルから出てって~」と言われ、仕事途中で外に出れば土砂降りの氷雨。開いている店もなく、タクシー乗り場まで濡れて歩き、念の為にリザーブしていたホテルのバーでクソ高い乾きモンをつまんでおる。

あ~ やっとれんのぢゃ!

…寝よ





24

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 8  Trackback 0

嚥脂と蘇芳




日本の色が好きである。

紅梅色 撫子色 薄柿 緋色 丁子色 紅樺色 伽羅色 利休鼠 千歳緑 月白 漆黒… 色見本とその名前を眺めていると、なるほどなぁ~と納得すると共に、日本は素敵だなぁ~と思う。

ウロ覚えなのだが、先日TVで源氏物語だかナンだかの絵巻の絵を復刻だかナンだかで、要は再着色するという作業を観た。ある女御の着物の色を塗るという事になり、その色はいわゆる「赤」なのだが、なんの赤なのか?に大変試行錯誤していた。原画(?)の色は既に色褪せている。だからその色の褪せ方で元の色を判断するしかないという、なんともやいこしい作業だった。最終的に残った色は2色。「嚥脂色」と「蘇芳(すおう)」だった。嚥脂色はカイガラムシの体液を浸出される動物性の赤。蘇芳は蘇芳という木から抽出される植性の赤。2色並べてやっと違いがわかる赤だ。その2色を何度も和紙に塗り、乾かし、褪せ方の微妙な差で判断する職人の勘というか感性というか、いや~「技(わざ)」やな~と感動した。結果は確か蘇芳だったと記憶している。

夕暮れに空を見上げると、沢山の色のグラデーションの美しさに魅入ってしまう事がある。赤・橙・黄・灰色・蒼… ワタシはこの程度の表現しか出来ないが、昔の人はそれらの中間にある色にも名前をつけている。茜色・東雲色・藍鉄… 一体どこからそんな言葉が湧き出るのか?まったく素晴らしい。


23

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

♪ボクは自由に~



♪生きる~の

ムッシュー・セントリーノ出演の一連のインテルCMのファンである。一番のお気に入りは、やはり2昨目のエレベーター編である。閉まりかけたエレベーターのドアにガシッと足を入れ、スタスタと出て行くムッシューの姿のシブい事!現在3作目の♪次の世代がきてる~の♪も大変気に入っている。もちろんあのダンスもマスターしている。

踊ってほしい人はお声がけください。





21

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

金曜日はワインを…




皆さん昨夜のボジョレーナイトは盛り上がった様で羨ましい限りです。ワタシも昨夜は数人の方々から「今頃は某店でボジョレーを堪能されてますか?」というメールを頂きましたが、「ノンノン。ワタシは今夜は残業なの。」と返信。すると、「さすが新妻。浮かれ気分は卒業ですね。ではご主人様と週末にワインと生ハムをご自宅で楽しんでね」ときた。

誰もボジョレーを呑まんとは言うてないで~

ワタシのボジョレーナイトは今夜であ~る。1日遅れなんて気にしない。ど~せお祭り!所詮は酒!されど甘露!バッカスに感謝を捧げ、アーミッシュ気分で頂く所存でございまするわよ、ベイベー!オマケに今宵のアテがこりゃまたベラボーに美味そうだ。

饗宴のテーブルは夕暮れと共に幕開く。
神の手により生み出された食事を悪魔が潜むワインで味わうのだ。その殺傷能力はチョ~高く、毎回玉砕している。翌日休みでなければ打ち勝てない!

だいたい新妻だかナンだか知らんが、ワタシは今まで「浮かれ気分」になった事なんてないわ!いつもじっくり腰は据えども足腰ユルユルで呑んどるわ!強いて言えば「浮かれ調子」なうえに「タガが外れている」程度やっ!失敬な!と、言う事で今宵も某店で他のお客様にBGMが聴こえる程度に「スノブ」したいと思います。

『金曜日の夜は、ゆったり気分で美味しいワインを味わい、一週間頑張った自分を癒やしてあげましょうね。』

なんちってなっ!
がははははは~っ!

プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
4
7
10
14
16
22
25
26
27
29
11, 2008 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。