~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

喫茶店でナポリタン(またです)



爽やかな陽射しが暑いくらいのGW初旬ですな。ウチとこは29日からずっとお休み。大型連休ってヤツですわ。朝寝坊バンバンかましてグータラと… と、世の中上手い事いかんのでして、今日は昼から「休日出勤」(泣) んで、本郷に来てます~ 本郷と言えば赤門、トーダイですよ。トーダイ。でもいつ来ても頭ヨサソーな人が少ないんだよね。まぁ、人は見掛けによらないからね。あはは~。

ここ、本郷に来た時のワタシの「お楽しみ」は、少し奥まった小さな喫茶店の「赤いスパゲティー」!そう、ナポリタンである。喫茶店と言えばナポリタンとピラフなわけでして、この2つが上手い喫茶店は絶対繁盛するんですよ!サンドイッチやトーストではあきまへん。ここは、ランチメニューにナポリタンとピラフのセットがあって、食後のコーヒーついて900円。喫茶店にしては少々お高いが、丸ノ内線の本郷3丁目から徒歩5分弱、春日通り沿いという立地だからしゃ~ないな。え?ナポリタンの味?そんなん、美味いに決まってまんがな!でなきゃ書きません!喫茶店のナポリタンて、家でケチャップで炒める味とチョット違うんだけど、あのソースはなんなんだろう?全国喫茶店協会(今勝手にネーミングした)ご推薦のナポリタンソースってあるんやろか?そうそう、この店には他に「ボルシチ」もあって、いつもナポリタンに負けて食べ損ねているが、いつか必ずビーツの赤も食べるぞ!と誓って今日もまたナポリタンだ。

そうそう、喫茶店と言えば先日良いお天気の昼下がりに田町駅から浜松町の手前まで歩いたんですけど、「チョット一休み」の喫茶店が無くて困った!駅近所の数少ないcafeは同じ思いのリーマンで満員。じゃあ新しく出来たホテルの1Fにはあるかな?と数件行ってみたが、「夕方まで休憩」ばっか!ナメやがって~。それにしてもふつーの喫茶店、「純喫茶」はないのかっ!しばらくウロウロ探したが見つからないので、仕方無く運河の橋の上で缶コーヒー飲みました。それはそれで気持ち良かったが、真夏はどうする!

ギブ・ミー 喫茶店!

スポンサーサイト
29

Category: Bono!

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

GWはB級とともに!



GWだっ!と、深酒した夜は当然の事ながら都内の常宿に転がり込み、昼過ぎまで寝ているのが常なのだが、今朝は何故か早くに目覚めた。寝起きタバコでiPhoneからメールやネットをチェック。「daisuke_tokyocity」さんのブログ「無駄遣いな日々」(Link張らせて頂いております。)を読んで大慌てっ!疾風の如く身支度を整え、向かうは西武池袋本店・7階・大催事場だっ!おりゃぁ~っ!!!

第8回 人気話題の味紀行】全国味の逸品会
■会期:4月23日(木)~5月6日(水・祝振) ■会場:7階=大催事場 /今年のテーマは、「西武でゴールデンウィークのプチ旅行気分」「家族みんなで楽しめる手軽で手頃なグルメ」。大阪「551蓬莱」の豚まん、名古屋「だるま」の味噌かつ丼、宮城「牛たん炭焼 利久」の牛たん弁当、栃木「宇都宮みんみん」の餃子など、お子さまから大人までなじみのあるご当地グルメから、外神田の親子丼の老舗「鳥つね自然洞」や斬新なアイディアでラーメン界をリードする神奈川海老名のラーメン店「中村屋」といった行列の人気店まで、全国47都道府県から個性豊かな約100店を集めました。都内、池袋に居ながらにして全国をハシゴ、各地に行ったつもりで、名物、うまいものを心ゆくまで楽しんでいただける物産展です。西武池袋本店Hpより抜粋

なんだかんだ書いてますけど、コレって「全国B級グルメ展」でしょ?ねぇ?ねぇ?うっひょ~♪開店15分前には池・西のB1入口に到着した。早よ開けんかい~!そうそう、作戦としてはdaisukeさんも召し上がった新潟みかづきの「イタリアン」とワテら関西の星・蓬莱551のブタマンはMustでしょうっ!ふふふ・・・喰うでぇ~!と舌なめずりをしながら周囲を見渡すと、殆どが「同じ想い」の方々ばかり。デパートにお洋服だの、食器だのなんざ間違っても買いに来ないだろうという、一種独特な雰囲気の方々が熱い眼差しで入り口すぐのエレベーターを見つめている。そぉ。さながら季節はずれの「西宮えびすの福男」状態だ。まっ、負けへんで!

開店と同時にドドドッとエレベーター目指してなだれ込む人々を尻目に、ワテラはエスカレーターを選択。7Fに到着した時には既に結構な人がいた。花畑ナントカの生キャラメルの行列がスゴイっ!ナニがええのか?たかがキャラメル。「キャラメルはこちらに並んでくださいー」という声を無視して目指すは551!既に結構な列!行列は大嫌いだが、551の為や・・・ 並んでゲット。別行動の往生氏もほどなくイタリアンをゲット。催事場なので食べるスペースはなしなので、屋上のイートスペースへそそくさと移動。まだもうちょっと「朝」な陽射しの中でほおばった、久しぶりのブタマンは美味かった!もちろん、イタリアンも、ラヂオ焼きもベリーグッドっ!

ワタシのGWはB級グルメで始まったのだっ!
daisukeさん、ありがとうっ!

ちなみに、大宮では「第4回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」が5月3日・4日であるぞっ!さぁ、みんなで行こうっ!
28

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

Jelly Fish




それはまだ明石大橋が出来ていない頃の話だ。

ワタシは盆明けのSuma Beach・平たく言うと須磨海岸のオサレBar・Tricolour、通称「トリコ」で知り合った男に「ヨットに乗せてあげるよ」と言われ、ノコノコと舞子(まいこ)海岸に来ていた。舞子海岸とは神戸と明石の間にあり、今の明石大橋の出発点に程近い、つまり眼前に淡路島が結構大きく見える海岸で、須磨・・・イヤイヤ、Suma Beachよりずっとちいちゃく岩がゴロゴロある。そして、その岩陰に目をやるとタコでもイカでもフジツボでもない軟体系がウニウニと蠢く、別名「ホモ海岸」と呼ばれるBeachであった。

ヨットといえば石原家で、逗子のヨットハーバーで、船上での抜ける蒼い空と海である。ヨットって言うくらいだからヨットパーカーにデッキシューズでキメちゃう?いんや、ワタシにとってのヨットは「シャンパンと魚介類」、これしかないっ!ヨットも海もオトコもど~でもエエねん!シャンパンと魚介類を持ってこいや~!!だ。が、今ワタシがいるのはとてもヨットが停泊出来るマリーナとは縁遠いBeach。ハテ?とオトコを振り返ると、なにやらボートみたいなンを担いで来た。ナンやそら?バナナボートかいな?と聞くと、ボートじゃないよ!ヨットだよ。1人乗りのヨット・ディンギーだよ!と顔を赤らめて言った。ヨットって・・・ エンジンどこや?え?エンジンないの?ならどうやって動かすの?はぁ?風ぇ?風の方向に帆を向けながら進むぅ?・・・・帰らしてもらうわ!

「この後、ポートピアホテルのレストランでシャンパンと魚介をたらふく喰わすから!」と言う言葉に負け、水着で乗り込んだ初・ディンギー。プカプカ浮いて気持ちがいい。足で水面を蹴れば、残暑の日差しに飛沫が眩しい。ああ、夏よ終わらないでくれぇ~!♪Stop The Season in the Sun~ 夏よ逃げないでぇ~くぅ~れぇ~♪少々上機嫌だ。その側でオトコはバシャバシャとアザラシの如く帆を動かしては反対側に潜り、動かしては潜りしていた。人がエエ気分やのにバシャバシャ五月蝿いやっちゃ!と思った瞬間、そのオトコが大きく万歳した。万歳して手を左右に大きく振った。ん?友達でもおんのかいな?とBeachを見れば、なんだかザワめいて黒山の人だかりだ。ワーイ♪とワタシも大きく手を振った。するとBeachから西風に乗ってこんな言葉が聞こえてきた。「大丈夫かぁーっ!!今海上警備に連絡したぞーっ!!!」

・・・・・・・・・・・な、流されとんのかいっ!!!!

「ちょっとぉ!ひょっとして流されとんの??」
「う、うん。そうみたい・・・」
「そぉ~みたいて、どぉ~いう事やねんっ!!!ええっ!!とりあえずアレや、アンカー落とさんかいっ!!」
「・・・・・忘れた・・・」 「はぁ?」 「アンカー忘れた・・・」 「ほんならオマーがアンカーにならんかいっ!!」

ギャーギャー騒いでいる間に、Beachはどんどん遠くなった。もう、アカンな。怒ってもどうにもならんわ。こうなったら自然には逆らえんのぢゃ・・・ うって変わった海水の冷たさがワタシをそう観念させた。なので、ディンギーにまたがりプカプカ浮き続ける事にした。観念して海を眺めればところどころに美しい煌きが見える。なんだろう?と目をこらす。ゆぅらゆぅら、「漂う」と言う表現はまさしくこの事を言うのだろうと思いながらソレを両手ですくってみた。ヌルッ・・・

くっ・・・ クラゲぢゃぁ~っ!!!!!!!

オトコがいきなりバシャバシャと、まるでモリで突かれた鮭の様に体をビチビチと動かした。な、なんやねんっ!と見ますれば、それは仰るとおりの水母・クラゲであった。「お盆を過ぎると海にはクラゲがたくさん出るから、刺されない様に気をつけなさいね。」という出掛けの母の言葉を思い出した。思い出したがもう遅いっ!周りはクラゲだらけっ!ディンギーは相変わらずどんどん流されている。潮に乗ってワタシ達とクラゲは同じ速度で流されている。Shit!舌打ちをしていると、なにやら股間にヌル感を感じた。ん?と見るとディンギーをまたいでいるワタシの股間にJelly Fishがっ!!Oh!My God!!!股間にクラゲっ!!!さっ、刺すなよ!なっ、頼むから刺さんとってくれ!なんもせんから!下手に刺されたら、ワタシの今後の人生に於ける煩悩の70%がアカンようになるわ!横でビチついているオトコをディンギーから蹴り上げ、クラゲを取ってもらったら、目の前に「巡視艇」と書かれた大きな船が来た。「今からハシゴおろすから、まずはオネーチャンから上がってきて~」 ああ、助かった。クラゲから助かった。刺されんでよかった。
ああ、クラゲ。ワタシはハシゴを上る間、ずっとそう想っていた。

「あのなぁ。ここは事故のメッカやねん。サーファーもウインドも、よ~さん人流されんねん。せやから禁止しとんねんけど、ど~してもやりたがるんやなぁ~。浜が小さくて人少な~て、淡路が目の前に見えるから、みんなアホにしよるけど、そんだけ海の幅がぎゅぅっと狭くなってるから、流れがごっつい早いんや。平均で5~6ノット。最近は橋の工事で余計に狭くなってるから7ノットはあるんやで?7ノットもあったらアンタ、舞子から2時間弱で大阪の南港到着や。ほんま、気ぃつけや?」

船に回収されたディンギーはバキバキに傷つきほとんど使いモンにならんかった。ワタシは、そのオトコの顔にクラゲをなすりつけたい気分いでいっぱいだったが、ディンギーよりも傷ついたオトコの顔にナニも言えず、そのまま無視して船を降りた。

そのオトコに「クラゲの酢の物でも食べに行こか?」と優しい言葉を掛けれるほど、当時のワタシはエエ女ではなかったのだ。


26

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

びんぼう/Windy Lady



「ウルフルズ」の曲を初めて聴いた時に、「これって、大滝詠一やんけ!」と思ったんだよね。そしたらとうとう「大阪ストラット」という曲まで出したんだよね。ムムム・・・ トータス君のセンスは前々からカッチョええと思ってたけど、ここまで丸パクリするって事は、結構・熱烈・Big Fan?正直言ってリスペクト?まぁ~、それもしゃ~ないわな。なんたって相手は「Mr.ナイアガラ」こと、「あの」大滝詠一氏だもんねぇ~。

と、ここでワタシと同年代くらいの方々は偉大なるヒットアルバム「A LONG VACATION」を、もう少しお若い方々は「A面で恋をして」や「幸せな結末」なんかのドラマ主題歌を思い出し、「ああ、あの爽やかな夏のビーチに似合う曲を歌う人ね~」と思うでしょうか、ワタシにとっての大滝さんは結構ドス泥臭く、Funkで日本人ぢゃないおっちゃんなんですな。当時小学校高学年、もうすぐ中坊なワタシはMotownやDoo-Wop、'50sのガールズバンドを聴きまくってて、その流れから(?)ナイアガラレーベルを知る事になり、NIAGARA VOX('81)なんか買っちゃったりしたワケですな。ああ、「あのこがいてくれたらなぁ~」から「Let's Ondo Again」・・・ 「夢で逢えたら」のシリアポールもカワイイけど、1番は大滝さんとのデュエット「The Very Thought Of You」でしょうっ!つまり、当時のワタシはSoulと'50sとピンクレディーとナイアガラレーベルを一緒に聴いてたガキだったわけですな。ああ、良い時代やったなぁ~。で、大滝詠一さん聴いてたんですけど、ナイアガラレーベル以降しか知らず、なんとアホな事に「はっぴぃえんど」というバンドを知ったのは、その後なんですな。はい、スミマセン!

■The Very Thought Of You/シリアポール 大滝詠一:大滝さんは声だけ聴いてると、むちゃくちゃイケメンやなぁ~と、いつも思うわ。(失礼)

「はっぴぃえんど」っちゅ~のは、ドラムス・詩 松本隆!ベース・ボーカル 細野晴臣!リードギター・ボーカル 鈴木茂!そしてサイドギター・ボーカル 大滝詠一!という、今では眩しくて目がつぶれるくらいのSuperStar達がお若い時に組まれていたバンドで、「日本のロックの創始者そして最高峰のバンド」と言われてるそうです。・・・・知らんかった・・・ 慌ててレコード(当時)探しましたが見つからず、かなり後になって名盤「風街ろまん」を聴きました。「・・・くっ・・暗い・・・」というのが正直な感想で、まぁ~でもワタシももう少し歳を喰ったら味がわかるんやろなぁ~と思い、今に至る。(これ以上はド詳しいザイマカなお兄様方に叱られるので終わる。)

で、はっぴぃえんどに感銘を受け(笑)、次に「おおおっ!」と思ったのが「Suger baby」ですわ。そそ、山下達郎さん、大貫妙子さん達ですね。いや~、大滝さんを追いかけたらココに辿り着きました~。大滝さんプロデュースで、こちらも名盤の「Songs」ね。当時はまだCDで出てなかったので、こちらも後付けで聴きました。はい~、ニューミュージックと言われるジャンルはアナタガタが作ったのねぇ~と。妙に納得しました。

んで、山下さんのソロで「Windy Lady」って曲があるんですけど、この曲初めて聴いたのはバブリーな20ソコソコのバカオンナ。ワイハー(ハワイ)だのバリだの沖縄だの新島だのと、休みとなりゃぁ~島!アイランドばっか行って悪さしまくってた頃やね。マクセルCMで山下さんが「Ride on Time」歌って、ハートカクテルな画像がお似合いの、こちらも大滝さんと一緒で夏のビーチにお似合いな曲ばかり。もちろん、当時のワタシのWalk man(時代やのぉ~)にも入ってました。が、しかし、この黒さはなんナンや!!! New Jack SwingにYo,Baby!してたワタシもこれにゃぁ~驚いた!カッチョええやん?なんでこんなにかっちょエエのに、あんなサイダーみたいな曲出すんやろ?と当時は不思議に思いましたな。

■Windy Lady/山下達郎:今聴いてもエエですな!


それにしても、大滝さんも山下さんもなんちゅう才能や!そして、「二物を与えず」なんだな!ははは~(汗)。

■びんぼう/大滝詠一:これぞ日本のFunkっス!で、当然トータス君カバー済みっ!

23

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 7  Trackback 0

「ゲバルト」からとってます



先週末にTVで特集をやっていて、「あっと驚くタメゴロー♪」と喜んだ。

やっと出た!「ゲバゲバ・ピー」のアイキャッチでおなじみ、日本のモンティーパイソン!「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」のDVDが!!ああ、嬉しい・・・ このへんのお笑い見たら、今のお笑いはそれらの物まねにしか過ぎんね!ずっとフィルムがあまり残っていない(見つからない)という事からDVDがなかなか発売されなかったのだが、最近倉庫番さんが発見し、修復されいよいよ満を持しての発売だ。倉庫番よ!アンタはエライっ!(小松の親分風味で読んでね)。ワタシのブログを読んで下さっている方々なら既にこの段階でHMVやAmazonに発注のアクセスしていると思うぞ!そうとも、そうさ!あのゲバゲバだもの!皆で観ようよ!ねっ、ねっ♪(別に日テレや巨泉から金貰ってませんけどね。)

で、さっき「日本のモンティーパイソン」と書きましたが実際はアメリカのギャグ番組「ラフ・イン」をモデルにしてると聞いた事がありますが、本当でしょうかね?どんな番組なんでしょう?いや、そんな事よりゲバゲバですよ。ゲバゲバ。面白かったよね~。当時コント55号以外は全部俳優・女優ばっかだったんじゃない?オマケに作家や音楽の担当者が今考えるとすっげぇ豪華ってのは有名な話だよね。で、「今考えると」ってところがミソで、今御大となられている作家様や作曲家様は当時から感性が溢れ出てて、遊び好きだったという事ですな。遊びは大事ですわ~。


そして、ゲバゲバと言えば「カリキュラマシーン」ですよっ!♪シャバドゥビドゥバ シャビドゥバ♪ 

日本のセサミストリート!幼稚園生でゲバゲバを覚えたワタシは、小学校低学年でカリキュラマシーンに学ぶのでした。「5のカタマリ。5引く2は3!」 「王様は『おうさま』ぢゃないんだよ~♪」などなど、あのロボットが出て来る番組を毎朝必ず観てから学校へ行きました。で、こちらも同じく「ラフ・イン」がらみだそうで、セサミストリートがラフ・インを手本にしているので、カリキュラマシーンもゲバゲバを手本にしている、というか、カリキュラマシーンを作るためにゲバゲバ作ったという話だが、どうだろうか?

まぁ、そんな事はどうでもよくて、こちらも豪華な出演者や作家、音楽家が参加してますな。ゲバゲバと共に日本を代表するハイ・インテリジェンスな番組だとワタシは思っとるワケですよ!今このレベルの番組作れますか?教育番組と言えばNHKですが、そのNHKの最近の教育番組見たことありますか?特に「お母さんと一緒」を!!「おもしろ、おかしく、楽しく」学ぶ事と、「ふざけながらヤル」のは違うのよぅぅ~。こんなヨタなワタシでもカリキュラマシーンで学んだ事は算数も国語も、そして歌も踊りも結構覚えている。どれもわかりやすくて、親しみやすい、楽しい歌だった。だからこそ、今こそ「ちゃんと」作って欲しいと願うな。

あ、今気づいたが、こういうのを「教育」ではなく「知育」番組と言うんだろうね。

はやくゲバゲバのDVDこ~い!

プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

3
4
6
8
11
12
14
17
18
19
24
25
27
04, 2009 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。