~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 7  Trackback 0

人生はカルナバル



え~、最近のマイブーム(古い?)の「和モノ」コーナーでございます。

今回は70年代に活躍した「植田ひとみ」さんをご紹介。・・・実は、よく知らんのよ・・・ というか今日知ったの。しばたはつみさんの事を書くのにネットでウロウロ音を探していたら、あまりにもイカした歌を発見!なんなんだよ、この声、音、リズム!そして良い和モノには必ずつきもののである「今聴いても充分新しいアレンジ」!いやぁ~、驚いたネェ~。早速ググってみましたがあまり情報なしなのねぇ。それもそのはず、1976年頃に「蜃気楼」と「人生はカルナバル」という2枚のアルバムしか出してないそうです。「蜃気楼」の方はハルヲフォンでその才能を魅せつけた山木幸三郎が編曲、宇崎竜童も曲を提供しているそうです。「蜃気楼」は和ジャス、「人生はカルナバル」は和ボッサのアルバムみたいです。「人生はカルナバル」の方はCDで再発されたそうな。Youtubeみたら、Liveの映像が多いから、今でもどこかで歌ってるのかなぁ~?

いやぁ~、それにしても「和モノ」、エエですなぁ~。

■今はあなたに/植田ひとみ:和ボッサ
■hira hira/植田ひとみ:和ジャス


スポンサーサイト
29

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

永遠の『姫』



「しばたはつみ」さん、亡くなってしまいましたね。残念です。
実はワタシにとって「しばたはつみ」と言えば昔から嫌いなタイプのオンナの代名詞だった。なんつぅの?六本木野獣会で大原麗子が可愛がられた様に、(しばたはつみと言えば)世良譲!ってなカンジで、六本木のズージャ(Jazz)Barあたりで「姫、姫ぇ~♪」とか呼ばれて寵愛されてたっぽいぢゃん?小生意気そ~で、そのクセ歌わせれば大人顔負け、顔は可愛く、スタイル良く、頭も良さそうで才能があるオンナ、その人となりは全くしりませんが、な~んにも無いのにただ小生意気だっただけのワタシは、パッと見た目だけで「嫌い~」と思ってましたわ。しかしソレは「嫌い」ではなく「苦手」という名のコンプレックスであり、ソレは最後まで変わらないまま終わってしまった。

彼女はずっとそ~いう「姫」というイメージを持っていた。

年齢と共に色艶は増したが、いつまでもどことなく無垢でチャ目っ気があった。ひとたび歌えば、そのパンチのある声と音域の確かさは当時の日本の歌謡曲は似合わない。それこそ黒音やJazzにピッタリであった。あまりパッとしたヒットはなかったが、そのルックスと歌唱力というJokerをヒラヒラとさせながら、しっかりと「Singer」として歌っていた人だったと思う。少し鼻にかかった甘ったれた声も、歳とともにエエ味だしてたと思う。なんか、ちょっと聴いてみようかな・・・ 嫌いやけど。そう思うわ。

■Street player/しばたはつみ・伊藤ゆかり・マリーン(多分?)
懐かしの「サウンド・イン・S」です!最後に歌うネェちゃんは若い頃のマリーンか?そしてバックは「The Spectrum」ぢゃぁぁぁ~!!
ところで、今回知りましたが、この曲の元はChicagoらしいですよ。ほほぉ~う。元ネタ

■My luxury night/しばたはつみ来生姉弟の傑作をはつみさんが仕上げましたな。ピアノはもちろん、世良譲、司会は♪愛、あなたと二人~♪の佐良 直美です。
28

Category: 家やれ

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

09年度3月の家やれ




ワタシがファンです!というだけでお届けしております「家やれ」のコーナーがやって参りました!

今回はなんと、過去にポスターを飾った「家やれ」メンバー総出演っ!そして「祝!ご出産」でございます!いや~、メデタイ、メデタイ。家やれ夫妻を見守って2年、最初は夫婦なのか通りすがりなのかワカラナイ2人でしたが、丸く収まってよかったでわ。

丸く・・・收まる?

そぉ。既にお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、オールスター総出演といい、ご出産といい、これでははまるでフィナーレではないか!え!終わるの?家やれ、終わるの?そ~思わずにいられない今回。思えば年度末。大好評(ワタシ的に)連載中であったこの「家やれ」シリーズも、この年度末で終わるのだろうか?もしもそうなら考え直してくれ、東京メトロ!

で、今回ですがオールスター総出演という事でどんなに悲惨な状況かと思いきや・・・ よく見る車内の光景なのである。いや、これ以外にもヒドい「家やれ」連中はたくさんいるのである。この2年、ずっと「家やれ」と言い続けてきた夫妻であるが、その効果はあったのだろうか?今回の家やれ夫妻を見て欲しい。生まれたばかり、まっさらな赤ん坊に見せず、聞かせず、かばう様に背を向けてしまっている。ずっと言い続けてきた「家やれ」を、毎回向けていた非難の視線も、もう疲れたのだろうか。「わしゃ、知らん」である。気持ちはわかる。よ~くわかる。が、それでいいのかご夫妻っ!こんな終わり方でいいのか?東京メトロっ!誰かか言い続けなければ、誰も聞かない。違うだろうか?

その為にも、是非来年度もパワーアップした「家やれファミリー」の声を聴かせて頂きたいっ!お願いしますっ!
21

Category: Cinema!

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Cadillac records



お次は映画。昨日DVD買って、酒とタバコと共に観ました。「Cadillac records」!

う~んとね。悪くないんだけどさ・・・。しかし、BeyonceのEttaが出てきてからは「Welcome to Beyoce show!」ってカンジがしたなぁ~。特典映像によると、この映画はブルースという音楽を楽しむ映画ではなく、ブルースという音楽が如何にして世に出て、そしてそれによりアーティスト達が如何に差別~や偏見~といったものと闘ったかという「歴史を残した映画」というコトなので、そうか~、それぢゃぁ日本の歴史すらわからんワタシには無理ですわなぁ~と思ったね。もっと、こぉ、Blues Brothers(もちろん1ね!)のChess版ってカンジで、どっぷりブルース!かと期待してたんだけどなぁ~・・・。観たい方はDVD貸しますから、どうぞ。

■ Ain't Nobody Business/Etta James, Chaka Khan and Gladys Night
この映像、この音、Diva達の声と大御所達の音を聴くと、そ~いう小難しいコトぁ~いいぢゃねえかよ~と思うんだよね。

■Human Nature/Miles davis&Chaka khan
Chaka出たんでついでに。ワタシの大好きな1場面。この2人の余裕はなんなんすかねぇ?
21

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

脱どん底



風は強いけど晴天・暖かな3連休、皆様穏やかにお過ごしでしょうか?ワタシは昼から酒かっくらって酔っ払ってますよ。えへへ・・・ 酔っ払った勢いで音聴いてますよ!で、ブログ書いちゃいますよ!ははは~ うい~

まず1発目は「ちょっと前なら覚えちゃいるが~」のダウンタウンブギウギバンドですわ。この人達の音は最初っからカッチョエエわけでして、特に「脱どん底」というアルバムは、まだ出来上がってない、いい意味でアオい彼らの音がイカしてます。ロックあり~の、ブルースあり~ののアルバムは、リーゼントにツナギという当時の人達を驚かせた格好よりも度肝を抜いたのです~。このアルバムはしょっぱなの「山谷ブルース」からガンガンで、そして竜童お得意のバラード「知らず知らずのうちに」でキュッとシメて、「傷だらけのブルース」でシブく終わる・・・と。ちょっと酔っ払ってるんで言葉がいつも以上に出てきませんが、まぁ、聴いてくださいよ。ははは~ ういぃ~

■傷だらけのブルース/ダウンタウンブギウギバンド
このセリフがさ、「仰るとおりっ!」とこぶし振り上げちゃう時と、「す、すみません・・・」とうな垂れる時があるんだよねぇ~。まぁ、歳とればとる程、ノーガキはタレたくないもんですわ。はい。

■アンタがいない/ダウンタウンブギウギバンド
最高っス!! 最初のボソボソはなんなんでしょうか?

■山谷ブルース/ダウンタウンブギウギバンド♪今日の~ 仕事は辛かったぁ~♪ ジェフ・ベックって人の曲に似てますか??

プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

2
3
5
6
9
10
12
13
18
19
20
22
23
24
25
26
27
30
31
03, 2010 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。