~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 8  Trackback 0

新地下のBluesなオンナ





〈心当たりと心ある方々〉

新橋地下のBluesなオンナが「嫁ハン」になったってさ。こないだ久し振りに呑みに行ったら、「実は昨日ね…」って。

水臭いよなぁ~。
でも、めっっちゃ嬉しい!めでたい!ハレルヤ!

とりあえず祝いの品を考えておるのだが、ナニにしよっか?なんか案ある?あったら教えて!で、一緒に贈る?なら声かけて。

つーか、それよりやっぱ、「祝い酒」!ドーンと宴席やりたいよな!

しかしまぁ、なんだな。しみじみ、よかった。

おめでとうさん。


スポンサーサイト
26

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ニュー・トーキョー


nyo
え~、本日2本目も「平成の人が昭和を歌う」シリーズですね~。こ~いうの「ネオ昭和歌謡」って言うらしいですね。さっき知りましたぁ~。

渚ようこさん。

名前やルックスから「ネオぢゃないんちゃうか?」といぶしがってしまうが、1994年がデビューというのでやっぱそうなのかね。よ~く似た名前に「渚ゆうこ」さんがいたと思うが、気のせいか。とにかくその彼女の曲の中でも、今夜はオサレJazz系をご紹介。作詞・作曲:横山剣・02年の作品ですが、なかなかベタな雰囲気も出てて「むぅ~ん・・・ネオ歌謡曲ぅ~」と思いますね。歌詞というか、雰囲気としてはヤサグレた「中央フリーウエイ」なんスかね?まぁ~、聴いてて心地エエですな。最近は「元気出してね、見守ってるよ、そっとね♪」とか「オレは~、何の為に生きるんだぁ~」みたいな曲ばかりなJ-popの中で、こ~いうアダな曲ってエエね。好きよ~。つ~か、このへんは読者の皆さんの方が詳しいのとちゃいますか?知ってる方々、またまた教えてくださいね~。

音楽は海の如しっ!広くて深い。そして気まぐれさっ!

■ニュー・トーキョー/渚ようこ:渚さん、ゴールデン街で「汀」って店やってるそうですよ。ソワレさんのお店の近所だとか。今度行ってみよっ!
26

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

I sold my heart


scal

今夜はちょっとした拾い物をご紹介。

この方達、詳細はよ~わからんし、今は既に解散してしまった2000年代の女性3名グループらしいんですが、ものスゴク「ハレンチ学園」風味しません?最近は40年代のアングラ曲をPlayする人たち多いけど、そんな中で彼女たちは今風なノリも入れつつ、ちょっとオモロイなぁ~と、つい聴き入ってしまいました。こ~いうの「キュートエロ」ってんですか?違いますか?あ、「ハレンチポップ」らしいですわ。すんまへ~ん。唯一(なのか?)のアルバム・「SCAT CALL」(2002年)のジャケも40年代サイケ(?)風味でエエですよね。

ちょこっと調べたところによるとですなぁ~、幻のデュオ「エム&チク」のチクさんがアングラポップの有名ドコと結成した名古屋・大須のヴォーカルユニットだそうでして、プロデュースと主な楽曲「ザ・シロップ」の松石ゲルさんが担当されたそ~ですな。登場人物が一切わかりませんが、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてくださいよ~。

ちなみにこの「I sold my heart」ですが、コレを聴くと懐かしの50年代・Dee Dee Sharp の「I Sold My Heart To The Junkman」を想い出し、よく聴いてみるとそ~いう風に歌ってる気がするのだがどうだろう?ま、エエ曲はカバー、パクられるもんスね。

■I sold my heart/The Scats:このアルバム、全曲聴いてみたいなぁ。




22

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

むかし私が愛した人


mwas

はいっ!眠れぬ夜にお届けする今宵2曲目は久々の「和モノ」・和ボッサでございますっ!ファンの皆様お待たせ致しました~っ!ていうかサ、なかなかエエ曲ないのよねぇ~。歌謡曲路線に傾けばたくさんあるんでしょうけど、そこに色気が加わる曲はなかなか少ない…と、ワタシは思うワケですよ~。と、言い訳から始めましょう!

夏木マリ姐さんですわ。

この人はもぉ、突き抜けちゃってるからね。今更賛辞だのコメントだのは不要ですわな。それをオサレ音の職人、小西康陽がプロデュースしたってんだからエエに決まってます~。95年のアルバムなんで紹介するにはチト新しいんですが、素敵なボサに仕上がってるんでね。

こ~いう色恋の思い出が出来てるアナタは一応「オトナのオンナ」になったのかもしれませんな。モチロン、ワタシにはこれっぽっちもありまへん。

■むかし私が愛した人/夏木マリアルバム名は「9月のマリー」。コレもまた粋ですな。

22

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

Listen Love


ll

あぢぃ~・・・・・
梅雨明けと共に続く熱帯夜、皆様涼を取りつつ、はたまたより熱い夜をお過ごしでしょうか?こちとらスケジューリングのミスとしか思えない程の連日ドサでグラグラですわ。リーマン諸君っ!熱中症、日射病、日本脳炎に気をつけてお仕事ガンバッテくださいませよ~。

というワケで、暑い時には熱い音をっ!で、ご紹介するのがブラジルのズージャ、円やかな声のJon Lucienですな。エエ声です。「磨き上げた瑠璃」というイメージですな。っ~か、この人がどーいう人なのかは知らんのですけど、この曲に関して言えば徐々にGroooveしてくるリズムは光化学スモッグの下の都会の揺らぎや、アスファルトの逃げ水の向こう側に「蜃気楼」を見せますな。最初は爽やかに、静かに、淡々と、しかし徐々に走りだすコンガ、ボンゴに思わずインナーマッスルを刺激される方の多いのではないでしょうかっ!エンディングあたりで「アデデーオオオオ!!!」などと奇声を発したくなりますなっ!え?ワタシだけですか?そぉ~ですか~。黒音好きのワタシとしては「I Want you」に代表されるメロメログラインドLove Songも好きですが、こういう押し寄せてくるGrooveのLove Songの方がエエですよね。やっぱワタシはロマンティックより勢い一発派なのだろうか?そんな事よりやっぱ「夏」ですから、熱く行きましょうよっ!若人よっ!夏が始まったぜっ!恋をしようぜっ!よこしまに行こうぜっ!不埒にヤロうぜっ!人生は酒と音楽と色恋なのだ~っ!!!

但し、くれぐれも暑苦しくならない様ご注意ください。
暑苦しい夏の後には、肌寒い秋がスグ来ますから~。(経験者談)

■Listen Love/Jon Lucien





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
13
15
16
17
20
21
23
24
25
27
28
30
31
07, 2010 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。