FC2ブログ

~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

11

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

Whisper Love


kamaksmksmkbmloksalksamlkmsak

さぁさぁ、休日も終わりましたね。
皆さん楽しい時間を過ごせましたか?ワタシはですねぇ、フと気づくと家から一歩も出てないよっ!!この陽気にずっと家にいてナンダカンダしてましたね。まぁ、日曜日は大概こんな感じなんですけどね。普段外にばっか出て行ってるから、休日はあんま出かけないんですよね。ははは・・・

休日の〆はこの曲で。
本当にステキな女性ですよねぇ・・・。憧れますねぇ~。

今日、誰かと「Love Talk」しましたか?
え?聞くな、と。尋ねるな、と。ははは~ すんません!
でも、いいですよねぇ~、Love Talk。
どんだけ話しても話題は泉の如く湧き、飽きる事なく、時間だけが足りない・・・
ああ、偏に風の前の塵に同じなSweet Memoryですなぁ~。

では、明日からまた仕事いっときましょ!
そしていつかきっとまた来るであろう「Love Talk」を夢見て(虚しぃ~・・・)

ぐっない・ベイベーっ!!

■Whisper Love/笠井紀美子:はぁ~・・・・あ。

うんにゃ、まだまだオイラはガンガン行くよっ!って人はこちらなぞ。
■Round&Round/笠井紀美子ああ、この曲だったのか!とサビで気づきます。
スポンサーサイト
11

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Chocolate Chip


kamsksmsakamakbdkskamsa

お次はStaxの重鎮!「Shaft」でお馴染みの坊主のオッサンですね~。

Shaftあたりからご存知の方は、今回紹介する曲に「オ~イェッ!」となるでしょうが、ワタシはどちらかというと「Slowな甘茶のエロオヤジ」というイメージ。「熱い鼻息」ぢゃなかった、「熱い涙」で有名なBarry Whiteと並ぶ「耳元ブツブツ囁き続けてウザい系」にカテゴライズしてるんだよね~。だからShaftがどっちかってぇと「ありゃっ?」と感じる。事実、彼の音の事を「Bedroom Funk」と呼ぶしね。

人間関係って色々ありますが、こと色恋に関しちゃ~、ワタシは「温度」よりも「風通し」を重視するタイプなので、あんまり近くでムフ~、ムフ~と荒く、熱い鼻息されると困るんですなぁ~。だから甘茶があんまり好きぢゃないのかもしれないねぇ~。

名盤「Hot Buttered Soul(’69)」の少し前、'75にStaxからABCに移籍直後に録られたこのアルバムは、確かにちょっと試行錯誤してる感はあるけど、ワタシは結構好きですね~。

■Chocolate Chip/Chocolate Chip
11

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

Keep on Truckin'


kakakmaskskmksmbkmskslamlska

「最近Bluesばっかで暗くてつまんない・・・」と、お嘆きの読者の方々よ!はいっ、おまたせしました!Soulですよぉ~♪聴いて心弾む、Groooveしちゃうヤツですよぉ~(笑) 今日の陽射しにピッタリですねぇ~♪

まぁ~、この人はThe Temptationsにいた人なんで皆さんよくご存知だと思いますし、この曲も超有名なんであえて細かい事は書きませんが、中盤から後半にかけてがもぉ、腰動く、動くっ!ですなぁ~。オルガンもラッパもガンガン入ってるし、ブラブラしながら流すのに最適なのではないかと。

ま、まずは聴いて、楽しんでください~。

■Keep on Truckin'/Eddie Kendricks:アルバム「S.T. ('73)」のB面の1曲目っス。このアルバムはThe Momentsの曲のカヴァーも入ってたと記憶してますが、それがナニかは忘れちゃった♪
11

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0


i send you flowers

朝はまだ雲がありましたが、昼前からは春たっぷりの陽射しです。
そして、今日がこの様なおだやかな日である事を嬉しく思います。

1年前の~とか、そういえば実はワタシも昔ぃ~などと言うつもりも、気持ちもありません。
ましてや、可哀想にとか、お気の毒にとか、頑張ってください!なんて言うつもりもありません。

「今」その時の事をどう受け止め、感じて、どの程度咀嚼できていらっしゃるのか。
それを来年、再来年、未来に、いや、明日にどうつなげ、進んでいこうとなさるのか。
人それぞれの道があり、進み方があるかと思いますが、
どの様な方法であれ、「I'm on your side」。
その事を心から応援し、微力ながら力を添えたいと思います。

亡くなった方々のご冥福を深くお祈りすると共に、心からの花束を。
そしてこの1年、残り、戦ってきた全ての人々の心に、せめて1輪の花が咲いています様に。
11

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

I can't quit you baby




今宵は、初めて連れて行ってもらったRockなBarで、ガンガンBlues流してもらっちゃったな…。反省。

でも、「嫌いぢゃない人達」がユラユラ揺れ出したのを見た時にゃ~ 「イヒヒ♪」とほくそ笑んぢゃったね~

あ~、疲れた。
お休みなさ~い。

■I can't quit you baby/Otis Rush
プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

16
22
23
24
03, 2012 < >
Archive   RSS