~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

If there's a will there's a way


If there's a will there's a way

独り「Don Covay祭り」実施中なうっ!

昨夜のドロ酔いなんスけど、原因はDonにもあるのよねぇ~。Disco Night参加の為に某Soul Barへ行って、店主さんに「いやぁ~、今日はDon気分なんだよねぇ~」と言ったら、店主さんもお好きだったらしくたくさんCD貸して頂けるわ、Donの色んなエピソードやお話しを聞かせて頂けるわで、もぉ~、ワタシ大喜びですよ!うふふ♪ だもんで、人間に戻ってからはず~っと「Don祭り!」 いやぁ~、エエがなぁ~、Don~。中には「あ、銭の為にやったね?」とカンジるのもありますが、通して全てイイっ!ますます深掘りしたくなるアーティストですな~。

で、そんな気分に浸りながらCD眺めてカウンターで独りニタニタ呑んでましたら、その隣に色々な人が座ってきて、これまた様々なお話しを聞かせてくださいました。な~んか「Luna's Table」っぽくて恥ずかしかったんだけど、ナカナカ考えさせられたり、インスピレーションをカンジたりする話しばかりで、ワタシにとってはとても酔い・・ぢゃなかった、良い時間でした。

1番印象に残っているのはプロのギターの方との話し。50代の方ですが、ワタシ、この人のギター好きなんですよ。どんなバンドも、曲もこの人のギターが入るとギュイ~ンとノるというか、盛り上がるというか、そんな気分になるんですよね。まぁ、この道ウン十年のプロ=職人さんだから当たり前と言えば当たり前なんだけど。で、その「音」についてド素人のワタシ相手にお話しくださいったわけだが、内容は大きく分けて2つ。いや、「ワタシが覚えているのが2つ」ですな!あはは~・・・・

1つ目は「フラメンコも演歌も諦めた」という話し。
その人はRockとBluesのギターをメインに弾いていらっしゃるんだよね。でも、仕事だのナンだのでたまに違うジャンルのギターを弾いてくれと言われる。弾けるよ、表面的にはね、って言う。でも、本当の意味では無理なんだよ。と。例えばオレが和食屋だとする。どうやったら美味しい和食が創れるのか日々考えて、練習して、修行してるわけ。で、たまにヘルプみたいなカンジでフレンチやらイタリアンやら中華やらを作ってくれと言われる。炒飯やパスタ、ムニエルあたりの世間一般の料理はカンとかそんなんで美味しいってレベルで作れる。でも、ズブのフレンチやらは絶対に創れない。だって、根っこが全然違うんだからさ~。でも、オレもギターやってるから本当はフレンチとか作ってみたいなと思うの。でもさ、もぉ時間が足りないんだよ、ソレらをイチから修行する時間がね。オレが今までコレに費やしてきたのと同じ時間が、もぉ無いんだ。悔しいねぇ~。だから和食を極める事に残りの時間を費やすと決めたんだ。だからフラメンコも演歌も、諦めた。でも、オレはやっぱRockとBluesを愛してるから。物凄ぉ~く愛してるんだ。だから、愛しすぎない様にするのがこれまた大変なんだよ~。

「愛しすぎないぃ???」と半分酔っ払った顔のワタシに話してくれたのが2つ目。
「愛し抜く為に愛しすぎない」という話し。

そんなに物凄ぉ~く愛してるなら、とことん愛せばいいぢゃん?と思うだろ?違うんだよ。「愛」ってぇのは時として物凄く濃厚な「邪心」になるんだよ。ソレは「執着」というモノかもしれないな。ソレが嫌なワケ。愛してるモノに埋もれていれば、確かに楽だしイイ気持ちなんだよ。でも、その環境ではナニも生まれない。創れない。だから、どこかでソレを俯瞰で、クールに、ある時は悪意の目で見る余裕とか距離が無いとダメなんだ。でも「愛し過ぎる」と、ソレができなくなる。悪かろうが、ダメだろうが、ナニもかも受け入れて、甘えて、イイも悪いも無くなる。それどころか、ソレ以外受け入れられなくなる。耐えられなくなる。だから「執着」してしまう。それが怖い。で、たまにドーンと音楽から離れたり、ワザと他の音楽やったりする。でもさ、そうすると自分がいかにソレを愛してるかってのを思い知るのよ。離れれば離れる程ソレに対する想いが募ってね。そうすると「ああ、オレはやっぱり愛してる~」って再認識する。その時の音とかさ、そういうのって多分すごくイイんだと思うんだよね。で、そうやって一生愛し抜いて行くんだよ。だから、絶対に愛しすぎない様にしてるんだ。って言うか一生愛し抜くって決めてるからそう思うんだろうなぁ~。

この時点でほぼ泥酔だったので解釈は違うかもしれませんが、まぁ、なるほどねぇ~。と思った夜でした。他の人が話してくれたネタはまた次回。では、グッナイ・ベイベー!

■If there's a will there's a way/Don Covay:アルバム「King of Soul」です~。このジャケ、完全に悪人ヅラっちゅ~か、おクスリですねw

comments
08 
「愛し抜く為に、愛しすぎない」深い言葉ですね。何だか考えさせられました。

あと、お酒は控え目になさった方が…(笑)
05 
■6w9様
そうですねぇ~ 深いですねぇ。
なかなか出来る事ではないですね。

> あと、お酒は控え目になさった方が…(笑)
こちらもなかなか出来る事ではないですねぇw
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。