~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14

Category: 黒音

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

Queen Bee




あ~、また少し間あいちまった~
コメントのレスも出来てません。すみません… 新潟から戻り、何かとバタバタ、呑んだり、呑んだりしてました(笑)

日本全国梅雨入りしたそうですが、梅雨が開ければ夏が来る!で、さっき手帳に書き殴りっぱなしだったスケジュールを整理しつつWebカレンダーに入れてたんですが、な~んか今年の夏はワタシ、予定ビッシリやん!まず、Live!7/1のCandi Statonから始まって、Buddy Guy!8月のMarlena Shaw、9月のTower of Powrとありまして、その合間に知人のLIVE数件。で、LIVEの無い日はイベントがありまして、ま~ずは七夕にザイマカ!そしてRock Nite3!8月は「8×4 Nite」、秋めいて「どブルースナイト」なぞ企画中。ほんで、LIVEとイベントが無い日はどうするかっちゅ~と~

神戸、大阪に行くんだよ。

前にも書いた通り目的は墓参りですが、今回は少し時間を取ってゆっくりするつもり~。いつも日帰りで慌ただしく、美味いモンも食べれてないしね。色んな意味で「Back in Home」します~。

つ~こって西の皆の衆っ!また追って個別に日程をご連絡しますので、そん時はよろしくお願いしま~す!

■Queen Bee/John Lee Hooker:久々にジョン・リーのゴリゴリ
comments
 
こちらでゆっくり出来るのは久しぶりなんですか?
東京とは違う関西の濃い〜〜面々と神戸・大阪を満喫してください。

ところで…
John Leeは敬遠してたかのように聴くことがなかったんですが、この曲めちゃカッコええですやん!
これからJohn Lee聴いてみようかな。
■The84thEye様 
毎度コメントありがとうです~

> こちらでゆっくり出来るのは久しぶりなんですか?
そ~なんです。いつも日帰りばかりだったんです。

> 関西の濃い〜〜面々
あはは!まったく関西は普通ぅ~の人でも「濃い」ですからねぇ~(笑)
楽しみにしてますよ、ほんと。

>この曲めちゃカッコええですやん!
うほほほほ~♪(^o^) またThe84thEyeさんに褒められた~♪
Playしてた人にそ~言われると嬉しいというか、照れますね・・・

ところで、なんでジョン・リーあまり聴けへんかったんですか?
Bluesではすごくスタンダードというか、「最初の1歩のBoom Boom」なイメージがあるんですが?
Soulの中にサザンやフィリーがある様に、Bluesの中にもそ~いうカテゴリがあるんですか?

ワタシ、ほんとに知らないんで、よかったら教えてください。
 
> ところで、なんでジョン・リーあまり聴けへんかったんですか?
特に理由はないんですけど、なんとなく聴かなかった。
強いて理由を挙げるとすれば、John Leeは弾き語りのイメージあったから、かなぁ…。
やっぱりバンドやってたこともあって、当時はバンド・スタイルをこだわって聴いてましたね。
でも、John LeeもVeeJay時代はバンド・スタイルで演ってるんですけどね。

> Soulの中にサザンやフィリーがある様に、Bluesの中にもそ~いうカテゴリがあるんですか?
あります、あります。
まず大きくは、「戦前」「戦後」で分けられますし、Robert Johnsonを代表とするアコギ弾き語りのデルタ・ブルース。マディで有名なシカゴ・ブルース。他にも、テキサス・ブルースやウェストコースト・ブルース、ジャンプ・ブルースなんかもあります。その土地、その土地でスタイルが違ってて聴き比べするのも面白いですよ。

Funkでも活躍したJohnny Guitar Watsonなんか、その前はバリバリのテキサス・ブルースマンで、彼のスリリングなギター・ソロは大好きです。
YouTubeで「Don't toucn me」「Johnny Guitar Watson」で検索してみてください。
■The84thEye 
わぁ・・・ ありがとう・・・感謝や・・・
なるほどなぁ~ やっぱそ~いうカテゴリあるんですね

> 当時はバンド・スタイルをこだわって聴いてましたね。
> でも、John LeeもVeeJay時代はバンド・スタイルで演ってるんですけどね。
なるほどなぁ~。バンド演ってる人ってそういう切り口になるんかぁ~。
ワタシはただの「好きなリスナー」やから、そ~いう観点なかったわぁ~。
ジョン・リーはVeeJayより、こ~やって独りで演ってる方が色気があって好きなんだ~。
ああ、でも今Youtubede[Canal Street Blues]聴いたけど、こっちもエエねぇ~w

> その土地、その土地でスタイルが違ってて聴き比べするのも面白いですよ。
例の某SoulBarでお客さんが少ない夜更けにBluesを聴かせてもらうんですね。
そん時に「南から上がって行こ~う!」シリーズがあって、音がどんどん変わって行くのがわかったんです。
それが楽しくてね~w もう1回聴かせて欲しいんだけど、本来Soul Barだからね~。なかなか実現せずです。

> YouTubeで「Don't toucn me」「Johnny Guitar Watson」で検索してみてください。
はい!今聴いてますよ~。
Johnny Guitar Watsonはワタシも大好きっ!そっか、この色気はやっぱBlues Manだったからね。

色々ありがとうっ!
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。