~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

Wahmmer Jammer


kmolbkolsmolbmkmbksmlkbmla

え~、先日「師匠」のLiveへ行ってきましたんで、そのレポートなんぞぉ~。

ま、生でナマイキな感想は既に師匠ご本人にお伝えしておりますが、思うトコロ、感ずるトコロいっぱいのLiveでした。モチロン、行って正解!楽しみましたよ~。(ホンマやってw)

今回のゲストは中野のLiveハウスあたりでセッションしまくっているというハーピストの方。その方メインの1st.ステージが終わる頃に会場到着、平たく言うと遅刻ですよ(汗)。で、バーッとステージを見ますれば師匠の姿が無い。ありゃぁ?と思ったらビックリ!ベース弾いてた!(笑)なんぞハプニングでもあったご様子ですが、音はわからんがリズムは流石に取れてましたよ。(上から目線)

その後、師匠メインの2nd、師匠とゲストMixの3rdステージと続いたワケですが、セットリストをご覧いただければ分かる通りこれまでのBlues一色とは違い、Jazzあり~の、Soulあり~の、Funkあり~ので「あ~、実りの秋ねぇ~」風味でした。「枯葉」は師匠のJazzギター弾き語りだったのですが、実はワタシ、師匠のギターを初めてちゃんと聴いたんだよねぇ~。さっすが元Jazzギターマンだねぇ~、その話しって酔っ払ったヨタぢゃなかったんだぁ~と思いました。歌は元々SoulバンドでVo.やってただけあって普段から結構パワフル系なんだけど、今回はウイスパーボイスもあったりして艶っぽかったなぁ~。

前回のLiveで演ってワタシ大好きになった「Dark Road」もアレンジがパワーアップして「Calling you(Holly Cole Trio Ver.)」の荒涼感をカンジたし、十八番(オハコ)の「Honest I Do」は(また不毛な色恋にハマっているのか)いつもより脂乗ってまっせ!ニイサンっ!でした。

バックのメンバーの方々もそんな師匠に負けず・劣らず・たまに勝ったりして。特に2ndからのベースの方、最高っ! アナタが入ったお陰でビシッと締まるわ、ドドゥンとリズム効くワ、すばらしっ!いやぁ~、もっとソロ聴きたかったなぁ~。邪魔な音があってイラッときたなぁ~。

そんな中で1番残っているのが題名の曲。2ndの1曲目。で、たった1音だけ(笑)
ステージが始まった1発目の最初の1音、こ~れがスゴカッタ!ナニがど~スゴカッタと説明は出来ませんが、物凄く感ずるモンがあった。その後のメロは一切覚えて無いんだけど、とにかく出だしの1音に「おおおっ!」と思って鳥肌立った。「お~ら、やったろかいっ!!!」と聴こえたような~。まぁ、ワタシが勝手にそう感じてるだけですけど。

いやぁ~、今回は今までのLiveとひと味違った、師匠の引き出しの多さと芸達者ぶりを垣間見せて頂いたなぁ~。この人、頭ン中はこんなモンちゃうやろなぁ~、まだまだいっぱいウニウニしてるんやろなぁ~。次のLiveが楽しみや~と思いました。

え?なんぼ師匠でもホメ過ぎて?だ~から最初に書いたでしょ。「(ここには書かなかった)感想は既に師匠ご本人にお伝えしております」って、ね(笑)。次回のLiveがいつかわかりませんが、お時間のある方は是非足を運んでくださいね~。

って、その師匠って誰やねんっ!(笑)

■Whammer Jammer/J Geils Band:この人達は当時の「Best hit USA」でしか見とことなくて、♪ヒャ~ラララララ♪ってバクパイプみたいな音のあの曲のイメージのみだったから、この曲がこの人達の!とビックリした。

<セットリスト>
<1st.set>
1.Off the Wall (G)
2.Everything Gonna Be Alright(G)
3.Can't Hold Out Much Longer(G)
4.My Babe (F)
5.One of These Mornings(B)
6.Got My Eyes On You(G)

<2nd.set>
1.Wahmmer Jammer(E) inst.(J.Geils Band)
2.Every Night About This Time (G)
3.Route 66 (Bb)
4.Honest I Do(A)
5.I'm Ready (D)
6.Autumn Leves(Gm)
7.Mercy Mercy Mercy(A→Bb)
8.I Feel Good (C)

<3rd.set>
1.Chicken(Bb)
2.I'm Tore Down (C or A)
3.Sloppy Drunk (A)
4.Dark Road (E)
5.T-Bone Shuffle (G)
6.Blues With A Feeling(A)
7.Mustang Sally(C)
ex.Shake Your Money Maker (D)

以上


あ~、師匠のオンナ版みたいな音、出したいなぁ~。
comments
 
元気復活(笑)
良かった!

小山さんから、ビリーホリデーの分かる奥様に、今回は本当にありがとうと伝えて欲しいと本日電話にて言われました。

■ナボ 
先日は失礼すみませんでした。
元気は復活してません。だからこうしてブログ書いてるんです~(泣)

> ビリーホリデーの分かる奥様~
ん?ナボの奥さん、ビリー・ホリデイファンなの??

小山さんに会えなくて残念。
 
J Gielsは初期の頃、ブルースたくさんやってくれてましたね。ハーピスト(Magic Dick)は僕も大好きな一人です。
ライブアルバムの"Full House"お薦めですよん!
■会長 
会長ぉ~。先日のMojomama Liveでは色々ありがとうでした~。

彼らの事はブログにも書いたとおり「Centerfold」しか知らなかったんだけど、今回ちょっとググってみたら元々はボストンのBlues Band!それもリーダーのナンタラって人はシカゴブルース大好きや~ん!とビックリしたよ。

Rock全く知らんワタシから見ると80年代に「なんやこのフ抜けた売れ筋狙い曲は?」と感じていたバンドが、実は70年代にはスッゲェかっちょエエBlues Bandだったり、黒っぽい音を出してたりというのが多いんだよね。楽器の進化のせいなのかナンなのか?? こ~いうの知ると聴いてみようかなと思ったり。

だから音楽って面白い!
そして大きな海なのだ!! 

Liveアルバム、さっそくチェックしてみますよ!ありがとう!
 
いやいや、去年のルナの一言をちゃんと憶えてたよ(^-^)/
■ナボ 
え!そうだったんだ。
流石ですねぇ〜
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。