~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15

Category: Cinema!

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

永遠の毒夫




夕暮れのホームの売店で、三国連太郎氏が亡くなった事を知った。

すぐに思い出したのは「復讐するは我にあり」のオトン役だ。飢餓海峡、金環蝕、代表作はたんまりあるが、この映画のアノ役は三国連太郎氏の色が無ければダメだったと思っている。信仰と欲の狭間に立つという役なら誰でも良かったが、「抱かれたいと思う義父」でなければ意味が無い。もちろん、主演の緒形拳氏のギラギラさもこりゃまたタマらんかったが、鋭利な刃のギラつきの横に、ぬるっとヌメる色欲の鈍い光があったからこそ、この映画は「名作」となったと思う。



次に思い出したのが、金環蝕。
若き三国氏が欲太いマッチポンプ議員役で出演しているが、ワタシはこの映画で宇野重吉氏が演じた銭ゲバで色ボケで、誰よりも狡猾な金貸しの役を是非晩年に演じて欲しかった!巷ではマルサの女のあの教祖役を「ちょ~エロい~」と言っているが、冗談ぢゃない。三国氏はエロくない。もっとエグく、ドス黒い毒夫なのよ。

晩年は好々爺を気取ってた風に見えるが、その視線、立ち居振る舞いで撒き散らされる毒に衰えは無いとカンジていた。

それだけに残念である。
いや、実に。あ~。合掌したくないっ!
comments
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。