~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

l'amour c'est pour rien



雨煙にまみれた夜にはタンゴなぞひとつ。

Bandoneon、好きなんですよねぇ。オルガンといいハープといい、どーやらワタシはプーっと空気入れてヴァ~っと出す音が好きみたいだなぁ。肉声も然り。温度を感じる音は聴いてて気持ちイイよな。ラテンは好きだから良くネットラジオで聴くよ。特にタンゴは夜に似合うよな。当たり前か(笑)

で、この曲。
オリジナルはEnrico Maciasというアルジェリアのユダヤの人。だから少しクセというかアクのある歌い方すんのかね?まぁ、細かい事はどーでもイイか。題名は「愛より大事なモノは無い」って意味で、歌詞は
「愛は不思議だ
灰となってさえ、また生命を持つ
まるで不死鳥のように
しかし、何人もその再生を無理強い出来ない
またその消滅は忘却の水にしかできない」
と、いかにもおフランスらしいジュテーム風味プンプンである。



が、この曲が日本語カヴァーされたら、♪恋な~んて~ ナンになぁ~るのぉ~ と真反対のスレッカラシ風味になってるのが面白い。題名は「恋心」だね。本家は愛、カヴァーが恋というのも興味深い。(越路吹雪さんのは原詩に近い内容らしい。)

余談ですが、その昔山口洋子さんが「恋は月を見上げ、その遠さに切なくなる気持ち、愛は太陽の暖かさで誰かを包みたくなる気持ち」と、これまた巧い事言ってまして、深く納得した事を想い出しました。



まぁ~色恋っちゅ~のは、お国違えど所詮はオトコとオンナの事。舞い上がったり、ズリ堕ちたり、スキップしたり、コケて頭打ったりの繰り返しなんだろうなぁ~ とウンウンしてたら、これ違った!これはアルジェリアの独立を歓ぶ愛国の歌だったのだ。

「愛、それは何かの為にあるわけではない
そして君はソレを売ることはできない」
というサビの歌詞もこれで納得~。フランスなだけに、エスプリ効かせてるよなぁ~。

■l'amour C'est pour rien/Enrico Macias
LIVEです。走り弾くBandoneon、高らかに流れるPianoが素晴らしい~

■恋心/岸洋子
この人はこの人でイイよね。結構好きなんス。
comments
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。