~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

Category: Music!Music!

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

身も心も



犬の遠吠えひとしきり激しく 身体起こして時計を見れば
夜はまだまだその色を変えずに 月の明りが 手許を照らしている

言葉はむなしいけど ぬくもりなら信じよう
涙は裏切るけど 優しさなら分かち合える

身も心も身も心も 一つに溶けて 今
俺の腕の中で眠る人よ



ダウンタウンブギウギバンドですな。
ひょんな事からフと聴いてみました。
やっぱ昭和歌謡、最高っスね・・・ 今こういう歌詞の歌ないよね。

ところで最近目につく、いや、あえて「鼻につく」と言わせていただくが、やたら「泣ける」って多くない?「泣ける映画」・「泣ける本」・「泣ける歌」などなど・・・ 一杯の掛蕎麦ライクなエピソードを前フリにトドメの何かを持ってくるパターン。そんなに泣きたいのか?そんなになんかあんのか?

泣いてナニがどうなるんや?
哭いて腹がふくれるんか?

その昔、渥美清さんが演じていた、普通に暮らしている何気ない人達を主人公に、その人達におこる様々な小さい出来事を取り上げるというドラマがあった。毎回違う主人公達は世間の波に揉まれ・飲み込まれ・翻弄されながら言うのだ。「泣いてたまるか!」と。なのに今はどないしたんぢゃっ!!!ゲストの面々もこれ見よがしに涙を流している画面を眺めると、全く醒める。安モンの嘘泣きしてからに・・・涙はなぁ~・・・ 泪ってやつわなぁ~

飾りぢゃないんとちゃいまっか?

まぁ、ワタシがオッサンだからでしょけど、泣いてなんとかなった事ないですわ。たとえその状況から逃れられるとしても、逃げたツケは必ず回ってくる。ああ、そうか。今はツケが回ってもまた泣けばええんか。泣いてダメなら逆切れしたらええのか。己の為に流す涙は醜いのぉ~

あ、つまりこれって自慰行為ね。あ、そうか。
ぢゃぁ「泣ける映画」と「抜ける映画」は一緒やねんな~ ははは~

寝よ。

comments
No title 
確かに目につくかも。
う~ん、なんだか見当違いかも知れないけど・・。


涙を忘れた?強い人が多すぎるのかも知れない。
それは、強がりであったり本当に醒めていたりで感動を殺している
人なのかも知れない。
そんな方たちへ向けた処方箋かも。
こっそり独りで泣いてみて下さい。
そして臭い芝居から、優しさや、痛みを感じ取り、人の心を思い出して下さい。
そしていつの日かは自然に落ちる涙を知るでしょう・・・。

そんな事なのかも知れませんね。
No title 
■Mr.Blue様
なるほど。
「人間らしいさ」ですか~

…もぉ、TVから教わる事なんて何もないのかなぁ?
それはワタシが変なオトナになったからなんかなぁ?
それこそ、泣けてくるなぁ~
No title 
「泣く」と「泣ける」や「泣かせる」は違いますよね。

まったくの個人的見解ですが、「泣く」でリセットする感じなんですよね、何時からそんなに「泣く」事が良い事になったんでしょうか?

泣いてスッキリして、泣いたことも悩んだことも、無かった事にしてしまっている気がします。

深みがなくなってしまったんですね。

>「泣ける映画」と「抜ける映画」は一緒やねんな~

同意しま~す、姐さん!!
No title 
■Coboさん
>泣いてスッキリして、泣いたことも悩んだことも~
そうなんだよね。泣く事だけが目的になってる気がする。それに、なんか人の不幸をネタに同情してる感じがしてイヤなんだよね。

昔し、「ルックルックこんにちわ」って朝から昼前までの番組があって、
それに「女ののど自慢」というコーナーがあったのよ。
それはカラオケ歌うオバハンらの「苦労人生」をドキュメントで振り返り、
お涙頂戴してから賞を狙う。もちろん歌の出来より泣かせた話の方が
ポイント高いわけなんだけど、それと一緒やんけ!と思うです。
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。