~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 8  Trackback 0

嚥脂と蘇芳




日本の色が好きである。

紅梅色 撫子色 薄柿 緋色 丁子色 紅樺色 伽羅色 利休鼠 千歳緑 月白 漆黒… 色見本とその名前を眺めていると、なるほどなぁ~と納得すると共に、日本は素敵だなぁ~と思う。

ウロ覚えなのだが、先日TVで源氏物語だかナンだかの絵巻の絵を復刻だかナンだかで、要は再着色するという作業を観た。ある女御の着物の色を塗るという事になり、その色はいわゆる「赤」なのだが、なんの赤なのか?に大変試行錯誤していた。原画(?)の色は既に色褪せている。だからその色の褪せ方で元の色を判断するしかないという、なんともやいこしい作業だった。最終的に残った色は2色。「嚥脂色」と「蘇芳(すおう)」だった。嚥脂色はカイガラムシの体液を浸出される動物性の赤。蘇芳は蘇芳という木から抽出される植性の赤。2色並べてやっと違いがわかる赤だ。その2色を何度も和紙に塗り、乾かし、褪せ方の微妙な差で判断する職人の勘というか感性というか、いや~「技(わざ)」やな~と感動した。結果は確か蘇芳だったと記憶している。

夕暮れに空を見上げると、沢山の色のグラデーションの美しさに魅入ってしまう事がある。赤・橙・黄・灰色・蒼… ワタシはこの程度の表現しか出来ないが、昔の人はそれらの中間にある色にも名前をつけている。茜色・東雲色・藍鉄… 一体どこからそんな言葉が湧き出るのか?まったく素晴らしい。


comments
No title 
化学染料ではなく自然のものから作られた色は本当に心が安らぎますね。昔の人は心が豊かです。
No title 
大和色、なんていとおかし~。私はあさぎ色、新橋色が好きです(*^_^*)。
No title 
■通りすがり様
通りすがって頂きましてありがとうございます。

例えば、着物で同じ色を化繊に染めるのと、絹に染めるのでは、その趣は全く違います。化繊はやけに鮮やかに、絹は華やかな中にしっとり感を感じます。それは色にも言えるのかもしれませんね。

またご縁がございましたら、是非コメント残してくださいね。

一期一会

ありがとうございました。
No title 
■しゃーろっとチャン
しゃーろっとチャンが「新橋色」と言うと違う色を想像してしまいますな!

あの深い翠がお好きとは!通ですな!
No title 
萌えぎ色…なんてのもありますが
むかーしからクレヨンとかに入ってる
「やまぶきいろ」も忘れてはいけない。
No title 
■SIN
「やまぶきいろ」!懐かしい~
サクラクレヨン、そしてクーピーペンシル!
よく塗り絵したなぁ~

ところでSIN、元気になって安心したよ。
No title 
ご心配おかけいたしました。
No title 
■Sin
いえいえ。ご自愛ください。
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。