~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

花でも葉でも




今日はグンと冷えますなぁ~…冬らしいですな。

ここ数ヶ月はマジで忙しかった。カツカツの時間を振り回している中で、不意に心の達磨落としの1コマがスコンと抜ける様な話しを聞く。本物の達磨落としならばすぐに達磨が落ちてきて隙間は埋まるが、気持ちの中は無重力、暫くそこに空洞があいたままになり、埋めるのに少々時間がかかる。こういう時は残業をやめ、サッサと軽く、あくまでも「軽く」呑みに行くに限る。つまり、「アルコールで消毒」である。アルコール消毒も度が過ぎると傷はただれ、痕が残るからね(深く反省)。

それに…だ。おこがましさムンムンに言わせて頂きますれば、酒でマイナスな感情は洗い流せないんでして(すみません…)、♪ねぇ~マスター 作ってやってよ♪としても、酒の魔物に取り憑かれ、カラダに毒が廻るだけ。翌朝の二日酔いは格別に酷いモンである(言い訳のしようもございません)。

やっとひと息つけたけど、これから始まる師走を思い、ゴルゴ13の様な顔をして出社している最中、フと葉牡丹が目に入った。葉っぱなのか花なのか?花びらはキャベツっぽいクセに、何故か柔らかいキャラコの様にも見える。

そう言えば最近周りを眺めてなかったな~

花でも葉でも「牡丹」という名は伊達やない。仕事のポジションかて同じ事。寒かろうが、暖冬だろうが、咲くときにキッチリ咲いたらよろしいのと違いますか?

と、葉牡丹は朝露の珠をコロリと落とした。


comments
No title 
立てば芍薬 座れば牡丹。しゃっきりいたいものです。
貴女は花のいかなる場面でも譬えられますね。
明星の惑星がきれいです。

飲まれっ放しの身には辛い。戒める隙が作れない・・・。





 
No title 
■amaroneさん
先日のシャンソンで少しお目にかかっただけで、こちらではお久しぶりです。

花だけではなく空とか、もちろん月を眺めると、自分のチンケさがわかります。
でも、最近はなんだか下ばかり向いていた気がしてね~
お互い気をつけましょうね(笑)
No title 
葉牡丹。見た目の通りキャベツの仲間で、アブラナ科です。

放っておくと茎が伸びて、アブラナ(菜の花)と同じ黄色い花が咲きます。これが本当の花です。

葉が牡丹のように見えるまでに、かなり品種改良されたようです。
No title 
■SUZE様
はい。
葉牡丹のご説明ありがとうございました。
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。