~/♀/Lunatic Liquid/♂/~

This "Liquid" makes you so "Luna Addict"!!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15

Category: Luna Said

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

サンタがいるなら…




「ボランティアではないのでね」という声の邪気に振り返ると、そこにはあまりにもベタな年末の借金取りと気弱なお父さんがいた。真面目なだけが取り柄の優しいお父さん。「人が良い」を「鴨ネギ」と呼ぶ金貸しは、さも親身な振りして高利を付ける。「アナタの為にならないから最初は止めたけど、でもアナタがどうしてもと言うから」と。正直なお父さんは半ベソで頭を何度も下げる。謝っても謝らんでもビタ一文マケん金貸しに頭を下げる。

お父さんの横には小さな女の子がいて、抱えたぬいぐるみをギュッと抱きしめ手持ち無沙汰にしている。そして、「帰ろ~よ~・帰ろ~よ~」とお父さんの袖を引っ張り出した。「もう少しで終わるから、あっちで遊んでなさい」と言うお父さんは、人が良すぎてわからない。

女の子はつまらなくない。子供は親が惨めに謝る姿を見たくないのだ。永久歯よりも先に芽生えた心の刃をムズ痒がっているだけなのだ。

もしもこの世にサンタがいるなら、この子の今日の記憶を消して欲しい…と思った。


comments
No title 
フィンランド(だったよな、たしか?)にあるサンタクロースのアドレスには毎年世界中からカードが届くらしい。
ある年、紛争中の国から小学生の年代の女の子から一通の封書が届いた。中にはステンドグラスと思われるガラス片が一つ入っていて、
「サンタさん、どうか平和を下さい」と書いてあったという。
小学生の女子が、人形でもなく、お菓子でもなく、サンタに平和を願っているのだ。ガラス片は、おそらく彼女の身の回りで最も美しいものだったのだろう。その宝物を差し出してまで・・・。
テレビも冷蔵庫もエアコンもある貧乏。そんな国のクリスマスは彼女には想像もつかないだろうな。
俺はせめて彼女の国に平和を、と願うしかない。
No title 
■ゆきひろ
久しぶり!元気か?

サンタは暖かい部屋のフカフカベッドの横に美しく飾られたクリスマスツリーの靴下の中にしかプレゼントを入れないのかもしれないね。
No title 
おやじギャグの定番 クルシミマスは案外的を得てるんだなぁ…。
No title 
■ナボさん
うん。
街がクリスマスや新年で華やかになると、苦しくて悲しい人が出てくると思う。
やっぱ「節目」だなぁと思うね。
leave a comment





プロフィール

lunafake

Author:lunafake
人生、「酒」と「音楽」と「色恋」!

最新トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。